ハゲ隠しに帽子が最適


実際に禿げてしまったらどうしたらよいかというと、帽子をかぶる事をお勧めする。ずーっと帽子をかぶってるわけにもいかないから無駄だという考えの人もいるでしょう。

しかし、それは考え方次第です。スーツを着ればかっこよく見えるのなら、スーツを着てもおかしくない場所にはスーツを着ていきますよね?それと同じです。スーツを着てないとき、かっこ悪いとしても、それはそれで別問題ですよね?

ハゲを隠すのはやましいと思うかもしれませんし、周りもそういう風に言うかもしれません。でも実際に禿げたことがないから言えるだけなんです。人にもよりますが、やはり髪の毛は見た目の印象をかなり変えますので、スキンヘッド系にしてさっぱりしたとしてもそのイメージでしか相手に印象を与えることができません。しかし、帽子というアイテムを上手に使えば、見た目をよくしたり、印象をかえることが可能なのです。

帽子としては、ハンチング帽とかニット帽をお勧めします。いろいろ買ってみて試してみるのがよいでしょう。素材もいろいろありますし、通気性のいいものもたくさんあります。頭が大きいので帽子のサイズがなかなかないという場合でも、最近は大きめというサイズも増えてきてますのであきらめる必要はありません。

また、普通にこの手の帽子をかぶってる人が多いですのでそんなにハゲとかを気にせずにかぶればよいと思います。

ハゲでしまったら、あとはどうがんばってもそんなに変わらないので帽子をかぶることでさらに進行するのではないかというのは無駄な心配だと思います。ハゲは、どちらかというと遺伝やホルモンの影響が大きいですからその他の要因は微々たるものだと考えたほうが良いです。実際、医薬品で効果がきちんと認められてるのは、ミノキシジル(リアップ他)とフィナステリド(プロシア他)でそっち系の薬です。

多くの男性は生え際などは少しずつ後退していきます。これを禿げるのではないかと心配するひともいますが、心配しすぎという可能性はあります。だれでもある程度、年をとればそうなります。TV出ている男性アイドル・タレント・俳優を確認すればそのことはわかると思います。

薄いとか生え際が・・などは、たいていは髪形などでカバーできる場合も多いです。理髪店などではあまり立体的なカットをしないですが、美容院などでカットしてもらえばかなり柔軟に欠点をうまく隠すようなカットにしてくれることも多いですので試してみることをお勧めします。

帽子の話に戻すと、ニット帽などもかなり便利なアイテムです。突然、来客がきたとか宅配便が来た時に、髪の毛がぼさぼさとかいう場合にかぶったりもできます。また、かさばらないのでもち運びにも便利ですね。

スキンヘッドなどの短い髪の毛にすると、夏は直射日光をもろにうけてかなり暑いので逆に帽子は必需品です。



【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。