「生食用」の牛肉、鶏肉は流通していませんという事実

厚生労働省は、「生食用食肉等の安全性確保について」の通知で、生食用食肉の衛生基準を示していますが、平成20年度にこの通知に基づいた生食用食肉の出荷実績があったのは、馬の肉・レバーだけでした。牛肉については国内と畜場から生食用としての出荷実績はなく、一部生食用として輸入されているものがありますが、その量はごく少ないものと考えられます。また、鶏肉は生食用の衛生基準がありません。したがって、牛肉、鶏肉は、生で食べると食中毒になる可能性があります。

via:ちょっと待って!お肉の生食|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

かなり前に調べたときにこの事実を知りました。事件が起こったので思い出したので再度探してBlogで紹介することにしました。ほかの人も指摘してるようですが・・。

結局、だれが悪いんでしょうか? たたくのは簡単なんですが、世の中矛盾に満ちてるのは事実のようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。