Winodws7が不安定・固まるなどの調子が悪いときに試すこと(Advanced SystemCare)

Advanced SystemCareを試してみてもよいかもと思います。ちなみにプロ版(有料)はあまり価値がないと思うので無料版で十分だと思います。有料版のインターネットブースターという機能はほとんど期待できないですのでそれを目的に有料版にする人は特に注意した方が良いでしょう。

※この記事の画像はVer4のものです。しかしver5でのほぼ同じであることを確認しました。


1.ディープケアを選択
2.「プライバシースイープ」「ディスクスキャン」の2つはチェックを外した方が良い
前者は、クッキー関係を削除してログイン情報などがなくなるかもしれない。
後者は時間がかかるかもしれないのでチェックを外す。
追記:2011/05/20
ひとつずつ選択して、ひとつずつ適用していくほうが安全だと思います。
一括でやりたい人は上記のように2つのチェックをはずしてやればよいと思います。

3.今すぐスキャンを開始をクリック

4.スキャンが終わると、問題点が出てきますので「詳細を表示」をクリックして中身を確認しましょう
5.「修復をする」をクリックすると問題点が修復されます。

問題点の指摘は以下のようなものがあります。

使える機能

・Winフィックス
ツールボックスの修復にあるツール。Windowsの調子の悪い時はこれも試すとよいでしょう。問題点が発見されて修復できることもあります。
・アンインストーラー
ツールボックスのクリーンアップの中の「IObitアンインストーラ」が便利です。基本モードは、Windows標準の機能と同じものです。高度モードは、アンインストール時にレジストリ・関連ファイルを探し出して同時に削除してくれます。

・スタートアップマネージャー
スタートアップの編集ができます。必要ないものはここで停止するのもよいでしょう。ステータスを無効にするだけだとリストには残りますので後で必要なら有効に切り替えることも簡単にできます。

・システムコントロール
Windowsの設定が簡単にできます。感覚的には窓の手のような感じで使えます。設定項目などを一度見てみてもよいと思います。

補足:Windowsの標準機能でディスクスキャンを行う方法

1.コンピュータ(マイコンピュータ)を開く
2.チェックしたいドライブを右クリックする
3.プロパティを選択
4.ツールを選択して、「チェックする」をクリックする
5.両方チェックする。
「不良セクタをスキャンし、回復する」にチェックをするのを忘れないように
6.Cドライブ(起動ドライブ)の場合、Windowsが起動している状態ではチェックができないため、次回起動時にチェックしますか?と聞いてくるので「はい」を選択
7.再起動すると、起動時にディスクチェックが始まります。

※ディスクチェックはかなり時間がかかる場合があります。また起動時のディスクチェック中は何もできませんし、チェック中はキャンセルもできません。そのため、寝る前や出かける前に実施するのが良いと思います。

追記:2011/07/08
Advanced SystemCareを用いても改善しない場合は、
「レジストリのデフラグツールQuicksys RegDefrag」(ここ参照)を試してみてもよいかもしれません。
追記:2011/11/18
新しいバージョンが出ています。
Advanced SystemCare 5 Free版 (vector)
追記:2013/02/01
Advanced SystemCare 6 新しいバージョンが出ていて、古いものはリンク切れになってます。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。