おっさん化を止めるためにできること(日焼け止めを塗る)

【1】飲食店のおしぼりでゴシゴシと顔をふく
【2】食後に「シーシー」と音を立ててつまようじを使う
【3】髪を切った女性に「失恋したの?」と聞く
【4】女性に年齢を聞かれたら「何歳に見える?」と聞き返す
【5】座るときに「どっこいしょ」と言う
【6】周囲を気にせず鼻をほじったりオナラをする
【7】若いころの武勇伝を語る
【8】自分より下の世代がはしゃいでいるのを見て「若いな~」とつぶやく
【9】仕事を早めに終えて帰ろうとする女性に「デートか?」と聞いてニヤニヤする
via:女性に「オッサンだな~」と思われる言動9パターン | スゴレン

おっさん、おばさん、若いあなたも結局はそうなるわけです。

若いころはわからないだけなのかなと思います。
今の「おっさん」や「おばさん」も若いころは同じように感じてたわけなんです。

結局、どんなに頑張っても、
おっさん(おばさん)はおっさん(おばさん)にしか見えないのが
よくわかるようになると思います。

そんな風に妥協できないから、若いわけで
若いから、そういうのがわかりにくいんだと思います。

かっこいい、おっさんも確かにいると思います。
でも普通のおじさんは、もともと素材が違うから今更行動を改めても恋愛対象にならないと思うんだけど、どうなんだろうね。かっこいい「おっさん」は、若いころもかっこいい若者だった可能性が高いのです。たしかに、気持ち悪いおっさんから普通のおっさんにはなれそうには思います。

男でも肌とか体系をみれば、やっぱり年齢はごまかせない。

僕も、若いころは熱いおしぼりで顔ふきたいと思わなかったし
やってる人をみて、何もここでそんなことする必要性がどこにあるのか?
と疑問を感じていたが、
年をとるとなぜか、熱いおしぼりが出てきたら顔を拭きたくなる衝動に駆られる。
年をとると、肌が油っぽくなるからかもしれないと思っている。

おっさんの前で猫かぶってかわいい振りしてる若い女性もどうかなと思うので、お互い様ですな。

肌の話が出てきたので、書いておきます。男でも肌だけは頑張って気を付けたほうがよいと思います。髪の毛とかそういうのは頑張っても遺伝に勝てないけど、肌はある程度頑張った成果は年を取った時に出てくることが多いようです。

確かに、何もしなくても年とっても肌がきれいな男性はいますが、多くの人はそうではありません。肌のダメージは年を取るとともに戻りにくくもなります。で具体的になりをすればよいかというと、夏が近づく季節になったらこまめに「日焼け止め」を塗ることです。女性を見ていればわかりますが、こまめに塗ってますよ。

日焼け止めは、コンビニやドラッグストアに売ってる安いやつで十分だと思います。

【このブログ内で関連ある記事】
ハゲ隠しに帽子が最適

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。