クロネコメール便について(無料で定規をもらう方法他)

クロネコメール便

遠距離の友達にちょっとしたものを送ったり、オークションなどで利用したりするのに意外と便利なクロネコメール便です。保障は、紛失したときのみ送料が返してもらえるのみです。追跡も可能です。

A4(角2封筒、A4ファイルサイズ?)で2㎝まで160円、1㎝まで80円という安さが人気の秘密です。B4サイズ2㎝(240円)まで送れます。

クロネコメール便料金・お届け日数早見表

メール定規がほしい

ネットで検索すれば出てくる情報です。

数年前に私がやった方法を書いておきます。
ヤマト運輸 お問い合わせ窓口にメール定規がほしい旨を書いて送信。メール定規をポストに投函しておきますと返事が来て、数日後にポストに入ってました。もちろん、無料。

希望者のすべての人に配布してるのか不明ですが、検索する限り今でも新しい日付の記事で出てきますのでもらえる可能性はあると思います。問い合わせには、メール定規をあなたにあげるとヤマト運輸さんにもこんなメリットがありますよということがわかるように遠回しに書いたり、現状これだけ利用してますなどそういうことを書くほうがよさそうには思います。

1㎝、2㎝の判定が人によって、店舗によって違う

メール定規で計測するのですが、微妙な時があります。ぎりぎり通る場合です。2㎝の判定はどこの店舗でも結構甘目な気がします。1㎝の判定が人によって、店舗や地域によってさじ加減がかなり違うように見受けられます。

どうも1㎝の判定は厳しめにお願いしますという通達があるみたいなんです。ホームページには、スムーズに通ることという旨の文言があります。この解釈が微妙なんですね。人によっては力を入れず(ひどい人では全く力を入れず)に通ることが条件になってます。本やコミックであっても、上から下まで通ることを確認する人もいます。本やコミックの場合は真ん中あたりを通すだけの人もいます。

前回は同じサイズで1㎝で行けたのに、今回はダメとか言われると人間の心理上納得しがたいと思います。僕もどちらかというと納得しかねるのですが、ごり押しして言い争いするのも嫌なので、1回だけはその旨を言ってみてダメならそれで承諾します。

というのも、実はメール定規の1cm、2cmの幅は1㎜強ぐらい大きめに作ってあるんです。実際に持っている人は計測してみればよいかと思います。このような状況下で下手に争った場合、明らかに不利だと思うので、そういう調査でこのページに来た人にはやめたほうがよいと僕は思うと言っておきます。

メール定規だって長年使ってると、滑りがよくなりますので古い定規を使ってる店舗ほど同じ厚さでも通りやすかったりもします。

厚さ対策

同じものでもちょっと工夫するだけで1cmになったりします。クリアパックでパック(真空パック?)するとか薄めの封筒をつかうとか、滑りの良い封筒を使うとかです。

また本やコミックの場合、感覚的にはどこの厚さも同じだと思いがちですが、背表紙側のほうが微妙に薄い場合があります。店員が右利きの場合、封筒に対して右から定規を入れていく場合が多いですので、本をそのまま入れると、背表紙側のほうと逆から入れることになります。そこで、本を逆向きに入れるようにするとぎりぎりの本が1㎝になる確率が上がるわけです。

クオカードなどでも支払える

nanaco(セブンイレブン)、クオカード(セブンイレブン他)、Tポイント(ファミリーマート)のように現金以外での支払いも可能です。

配達に日数がかかる

わざと留め置いて、速達との差別化をはかっていると思います。集荷されてそこで数日留め置かれてる場合も結構多かったのでそう思います。たまに、普通便でも2日とかそういうレベルで届くこともありますが期待はできないです。郵便とは違って、人為的に配達を遅らせてるようですから。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。