天津すだれを取り付けてみる 【暑い夏対策&目隠しに】

網戸が閉まらない・・困った

最近、急に暑くなったので天津すだれをつけてみることにしました。暑さ対策でなくて目隠しとして使えるのではないかと思ったからです。玄関の戸をあけ、反対側の窓を開けて網戸にしておくと風が通るのですが網戸なので外から丸見えです。レースのカーテンをつけてるのですがあまり意味がなさそうです。

ホームセンターに行って、88cm×180cmの天津すだれとサッシに取り付ける金具を買って帰りました。金具をつけると網戸が完全に閉まらないということに気づきました。そういえば数年前にも導入しようとして同じ目にあったのをすっかり忘れてしまってました。

園芸用の針金で取り付けてみた

今回はどうしてもつけたかったので、網戸自体に園芸用の針金を通して天津すだれをたらすようにしてみました。網戸のほうに何とか針金が通るような場所があったのでうまくいきました。

網戸につけてみると網戸と一緒に天津すだれも一緒に移動するので逆に便利だったりします。また目隠しの機能は優秀で外から見るとほぼ内部は見えません。内部から外をみると隙間から心地よく見えます。見た目も夏らしくて涼しいです。

実際に取り付けると直射日光が当たらない窓だとは言え、日光をさえぎるのでそれなりに涼しいです。また夕方に軽く天津すだれに水をかけると、心地よい感じの風が通ります。

鉄筋コンクリートなので設置は無理かなと思ってたら、この方法で手軽に設置できたのでよかったです。たしか以前は設置できないと思って、立てかけて使う「よしずすだれ」にしようかどうかを悩んだのを思い出しました。



天津すだれはものすごく軽いものですので、サッシの上のほうの金具に強力両面テープで貼り付けてもワンシーズンぐらいは持ちそうな気がします。

追記:

マグネットタイプがあった

強力マグネットでつけるタイプのすだれ用のフックが売ってました。磁石につくようなサッシの場合、これが便利かもしれません。残り2,3個しかなかったので結構売れてるようです。

すだれ用マグネットフック(楽天市場)
すだれ用マグネットフック(Yahooショップ)

ガムテープでも大丈夫そうな・・・

別の網戸にも天津すだれをつけようと思って、ガムテープで仮止めしてみたら意外としっかりついてしまいました。網戸でも上のほうがはみ出て?いる部分があればそことL字型に張ることが可能です。結局、こちらはガムテープから布テープに代えてそのまま様子を見ることにしました。
写真はガムテープによる仮止めです。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。