日本の技術やサービスが世界に広がらない理由について考えてみた(おまけ:Bloggerを使うときの注意点)

過保護な「はてな」と自己責任の「blogger」 1.機能編
過保護な「はてな」と自己責任の「blogger」 2.アクセス編
過保護な「はてな」と自己責任の「blogger」 3.結論

日本の技術やサービスが世界に広がらない理由

ちょっと考えてみたが僕にはもともと理由を考えるなんて無理だった。海外についてぜんぜん知らないからです。おそらく日本がだめなのは海外についてよく知らないからという可能性もあるとは思います。

もっと致命的なのは、たいしたこともない普通以下の商品を世界中に売るノウハウを持っていないことだと思います。優れた営業マンは、商品が優れてなくてもものをうる能力があります。

たとえば思いつくのが、初代iMac。見た目のかわいさと安さでうまく売りました。湾曲した丸いブラウン管なんてその当時パソコンモニターには不向きだとされてましたし、そんなものが売れるとは思えませんでした。しかし、パソコン初心者の心をうまくつかんで、性能などでなくイメージで売ったのです。

iPodも似たような感じだったと思います。日本のシリコン音楽プレイヤーのほうが音質とか良かったはずです。

iPhoneも同じでしょう。日本のスマートフォンの方が優れていたと思います。iPhoneの場合、安い部品や安い液晶で作って稼いでから少しマシな次iPhoneを出していくという戦略でうまくいったようです。

その商品の技術がすばらしいとか性能がすばらしいとかでなくて、サービス・デザインなどを魅力にしてそれをうまく売るセンスはすばらしいものです。Apple信者だけでは説明できない現象です。

優れた、すばらしいものを作れば売れるというのはある分野では今でもそうでしょうがそうでない分野において日本は不利なんだと思います。そういう分野では、営業力(売る能力)がないとものが売れないからです。

Bloggerを使うときの注意点

1.検索エンジンへの登録
■Google
http://www.google.co.jp/addurl/?continue=/addurl

■Bing(マイクロソフト)
http://www.bing.com/webmaster/SubmitSitePage.aspx
■Baidu(百度)
http://www.baidu.jp/info/help/webmaster/site/01.html

2.Ping送信
Blogger のPing の送り先は、一ヶ所(Weblogs.com) だけ。
それ以外に送信したい時の方法
■ブログパーツを設置して記事を投稿毎に自分でボタンを押す
PING送信プラス
■Windowsのソフトを使ってPing送信
手動でping送信するソフト(anewex)
■普通の人は無理だと思う方法
GoogleのBloggerで自動でPing送信する方法

3.Bloggerにはトラックバック機能がない
■外部のサービスと連携する
Bloggerでトラックバックを実現 - DISQUS編
■普通の人は無理だと思う方法
Bloggerにトラックバック機能を付ける方法

4.時々良くわからない障害が起きる
Bloggerで障害かなと思ったときは、ここを見る

個人的には検索エンジンへの登録は必要ないと思うし、Ping送信の追加もいらないとは思う。またトラックバックも実際問題必要か?という感じはする。実際問題、こんなことしてないBlogger利用者のほうが多いと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。