杏仁霜(きょうにんそう)を使って杏仁豆腐を作る

基本レシピ

・水 200ml
・粉寒天 4g
・砂糖 50g
・牛乳 400ml
・杏仁霜(きょうにんそう) 大さじ2


作り方

1.鍋に水、砂糖、粉寒天をいれて火にかけて、寒天がとけて透き通るまでかき混ぜながら煮溶かし火を止める
2.ボウルに杏仁霜(きょうにんそう)をいれ、牛乳をすこしずつ加えてよく混ぜ合わせたものを1に加えて、弱火であたためて火を止める
3.型に流しいれ、荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やして固める
4.固まった杏仁豆腐を食べやすい大きさに切り取って、器に盛る

以前シンガポールで買った「杏仁豆腐のもと(粉)」が結構お気に入りだったのですが見かけないなと思ってあきらめてました。「杏仁豆腐のもと(粉)」は水をいれて鍋で火にかけて溶かすだけでかなりおいしいものができるという優れものです。日本円で100円ぐらいでした。日本でも似たようなものを探したのですが、レトルトっぽいパックにはいって牛乳と混ぜ合わせるものが見つかったのですがなんとなく味が不自然でした。これは200円ぐらいだったと思います。

今回、百貨店で見つけた「杏仁霜(きょうにんそう)」は、結構まともな味の豆腐ができました。寒天の量を基本レシピよりも75%程度にしてゆるめに作ったのですがちょっとゆるすぎたようです。これはこれでおいしかったです。基本レシピの砂糖50gですが、これは少し多いような気がしました。ちょっと甘い。あと牛乳もまともな牛乳をつかうと牛乳くさくなりそうな気がしたので、低脂肪牛乳(加工乳)を使用しました。




「杏仁霜(きょうにんそう)」は、杏仁?のいいにおいがするのでうまく使えば本格的な杏仁豆腐ができると思います。個人的にはかなりよいと思います。左上の画像と同じものが百貨店で650円でした。楽天市場(きょうにんそう)でもその程度の値段のようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。