EdTexでファイル読み込みをUTF-8に設定する

EdTexとは?

ダウンロード:
EdTex エディタ (vecot)

EdLeaf (vecot)

EdTex(窓の杜の記事)というのは、テキストエディターです。


EdTexでファイル読み込みをUTF-8に設定する
EdTex Ver.5.03で確認しました。(ver5以降なら同じだと思います)

ファイルを開くときのデフォルト(初期値)をUTF-8にはできないのですが、それに代わる設定は用意されています。設定でフォルダかファイルを指定しておくと、そのファイルまたはそのフォルダー以下にあるファイルが設定で指定して文字コードで開かれるようになります。

メニューバーの「設定」→「共通設定」→「ファイル」タブ→「読み込み時の文字コード」ボタン押下で設定画面が出てきます。

EdTexを無料で使う

Ver5から機能制限なしで、無料で使えるようになりました。ただ、起動時に「EdTex On Trial」のダイアログが出てきます。一度起動してあれば、違うファイルを別ウインドウ(タブ)で開くときは出てきません。

EdLeafというフリーソフトがありますが、こちらは完全に無料なのですがUTF-8のファイルを開くときに文字コードを指定しないとうまく開けません。またEdTexが実質フリー化されたのでこちらは更新などされずに古いままのようです。

セットアップを使わないインストール方法

ダウンロードしてきたファイルをそのまま実行しないで、解凍ソフト(Lhazなど)で解凍して適当なフォルダにおいて、edtex.exeをクリックすると起動する

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。