豚肉と甘長とうがらしの炒め物

旅先で「甘長とうがらし」が売っていたので買っていた。万願寺とうがらしと似た品種かなという思いもあった。あとでわかったのですが、実は近所のデパートにいったら普通に売っていた。

甘長とうがらしの中の種は取り除いて、豚肉とビーマンの炒め物のように炒めてみた。
キッチンばさみで縦に2つにさくのがよいと思います。火が通りやすくなりますし見た目もよさも失われません。

2011年8月14日放送分 直美のはや起きクッキング 甘長(あまなが)唐辛子の炒めもの(はやく起きた朝は… - フジテレビ)」によると、「甘長唐辛子」はピーマンと万願寺唐辛子を両親に持つ京野菜の一種となってます。この甘長唐辛子は、伏見甘長とうがらしのことを言ってるようです。伏見甘長とうがらし以外で、甘長とうがらしと品種があるのかはちょっとわかりませんでした。

■材料 3人分
甘長唐辛子  2パック(8×2本)
おぼろ昆布 (太白を使用)
かつお節  (3パック)
麺つゆ  (大さじ4)
酒    (大さじ4)
油    (大さじ2)

■作り方
1.甘長唐辛子は、縦に切れ目を入れる。
2.フライパンに油を入れ、熱くなる前に唐辛子を並べ、フタをして炒める。
3.おぼろ昆布をハサミで細かく切り、かつお節と合わせておく。
4.お酒と麺つゆを加え、フライパンを揺すりながら、しんなりするまで煮て
おぼろ昆布とかつお節合わせたものを入れ、よく炒めて出来上がり!
直美のはや起きクッキング 甘長唐辛子の炒めもの

ちなみに放送されていたレシピはこのようなものだったようです。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。