無料で商用利用可能なウイルス対策ソフトの調査&「Kingsoft Internet Security 2011」を使ってみる

無料で商用利用可能なウイルス対策ソフト

商用で無料で使えるセキュリティソフト(ウイルス対策)を調べてみたのですが、「キングソフト インターネットセキュリティ」と「Comodo Internet Security」ぐらいしかないみたいです。

「Comodo Internet Security」は標準で日本語表示でなくて日本語化をしないと日本語メニューにならないというのもあって、インストールしてさよならしたい私は、必然的にキングソフトのセキュリティの方を選びました。

インストールの注意どころ

「無料版を使用する」を選択。またコンポーネントを選ぶところで、「Yahoo!ツールバー」「Baidu IME-日本語入力システム」のチェックを外しておいた方がよいでしょう。

「Navinow」というのは、「IEやFirefoxの画面下部へ広告を表示するソフト」だそうです。これはこの段階でチェックを外すことができません。インストールした後に、これだけをアンインストールすることが可能です。

キングソフト セキュリティソフト 無料 ウイルス対策ソフト

実際に使ってみて

avastとノートンを使ったことがありますが、それと比べて見た目も動作もそれほど悪いとは思えませんでした。
処理の重さ加減をノートン=重め、avast=普通だとすると、キングソフトは普通~軽めのような体感速度でした。

ただ、スキャンしてみると誤検出ました。avastでもそういうのが多発してた時もあるので無料なので気にしても仕方がないかもしれません。

誤検出かどうか自信がない場合は、隔離しておくだけにしておいた方がよいと思います。隔離ならもしあとから必要なファイルだと分かった場合に戻すことが可能です。削除してしまうとどうすることもできません。

サポートの掲示板を見ると、この手の話が多いような気がするのでその点だけは気を付けたほうがよいでしょう。

無料ということで、左画像のような広告がでます。タスクバーの右下あたりに定期的に出てきます。放置しておくと数分?したら消えるのですが、明示的に消す方法がないようなのです。広告をクリックすると消えるようですが・・・。

この部分が作業領域になる人はかなり不便な気がします。
広告表示が気になる人は、1年980円か、無期限で1980円というどちらかの有料プランが用意されてます。

格安のウイルス対策ソフト

広告を消すためにお金を支払うのなら、同程度の値段のほかのソフトはないか?ということも念のため調べました。

■ウイルスセキュリティZERO(ソースネクスト)
ウイルスセキュリティZERO 1,980円 (CD版) -Amazon
ウイルスセキュリティZERO 3台用 (CD版) 新パッケージ -Amazon

Amazonでそれぞれ1680円ぐらい、3600円ぐらいでした。この商品は、「インドのK7Computing社」が作っているようです。

■ウイルスキラーゼロ (イーフロンティア )
ウイルスキラーゼロ クラウド 1台用 更新料0円 -Amazon

Amazonで1680円ぐらいです。中国の瑞星Rising Technologyが開発したものだそうです。

■Kingsoft Internet Security (キングソフト)
KINGSOFT InternetSecurity U SP1 パッケージ 3ライセンス CD-ROM版 -Amazon

念のためAmazonで値段を調べたら、無期限3ライセンスで1891円でした。これだと少し安い気がしますね。

調査したウイルス対策ソフト

Microsoft Security Essentials
>PC が 10 台までの小規模ビジネスにご使用いただけます(無料)。
AVG Anti-Virus Free Edition
>AVG Anti-Virus Free Editionは、1台のコンピュータの個人使用、家庭使用にのみライセンスが与えられています
avast Free edition
>アバスト! 無料アンチウィルスは、個人での非商用使用に限り無料です
Avira AntiVir Personal
>非商用かつ私的利用でのみ無償で利用できる。
Comodo Internet Security
>Free to both business and home users
日本語化ファイル(ここ

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。