KTV-FSPCIEをDVDケースにいれて外付けにしてみる  【受信レベルが悪い場合】

地デジチューナーKTV-FSPCIEなのですが、PCI-Express x1の端子を持ってるのですがこれはダミーでUSB接続だけで使用できます。内蔵してもよいですが、面倒なので外付けケースに格納して使用することにしました。

マザーボードにUSBピンコネクタがない場合も、USBケーブルに接続するように変更すれば使えるようになります。

USBケーブル化


左図のマザーボードのピン規格、USB(オス)ケーブルの規格(Wikipedia)、KTV-FSPCIEの基盤を比較して、接続できるケーブルを自作してください。

自作が無理なら、「オウルテック USB2.0変換ケーブル 400mm CBL-UtoU/4」のようなものを使うとよいでしょう。

DVDケースで外付けケースを作成


スリムケースでないDVDケースで作成しました。アンテナの接続部分が収まりきらないのでDVDケースをカットしました。DVDケース2枚にすれば完全にきれいに格納できるケースになると思います。


キッチンで使うようなアルミテープをDVDケースの表面にはるとシールド効果があるようで、私の環境では電波受信の感度がよくなりました。ほかの地デジチューナーカードでもそれらしいシールドをしてるようなので、USBケーブルとかにこだわるより、こっちのほうが効果が高いはずだと思ってます。

追記:2011/12/08
アンテナケーブルを触ると受信感度が変わるようでしたら、F型コネクターを奥までさすように手で握ってみてください。それで変化があるのなら、F型コネクタを交換するなどすると受信感度があがる可能性があります。
参考記事:地デジ・BSの電波レベルが低いのはF型コネクタが原因だった


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。