KTV-FSPCIEのTVTest導入手順

私が購入したのは、KTV-FSPCIEのシリアルナンバーがK1107からはじまるものです。
KTV-FSUSB2でも同じだと思います。
構成にもいろいろパターンがありますので試した範囲を書いておきます。

ダウンロード場所

・BonDriver_FSUSB2N
http://tri.dw.land.to/fsusb2n/
・TVTest
http://tvtest.zzl.org/
・Spinel、BonDriver_Spinel
http://lapislabs.blog24.fc2.com/
・Boncaslink
検索で探して?


TVTestシンプル構造

TVTestを解凍したフォルダーに
・BonDriver_FSUSB2N.dll
・Host_FSUSB2N.exe
・InstallHost.cmd
・winscard.dll
を一緒に入れてください。
InstallHost.cmdはクリックして、一度だけ実行

TVtestを立ち上げ、スマートカードリーダを選択すれば視聴できると思います。


TVH264シンプル構造

TVtestでどうしてもうまくいかない場合は、TVH264を試してみてもよいかもしれません。
こちらはワンセグ視聴ソフトです。B-CASカードは必要ありません。

TVtestのフォルダにTVH264を入れてもいいですし、
TVH264に、
・BonDriver_FSUSB2N.dll
・Host_FSUSB2N.exe
・InstallHost.cmd
入れてもよいです。

立ち上げ時には、カードリーダーはなしを指定して起動すればワンセグが視聴できるはずです。
電波レベルも8db程度で視聴が可能ですので敷居は低いと思います。

参考記事:TVH264(ワンセグ視聴)で映像が出ない場合の対応方法


TVTest+Spinel3構造

Spinel3のBonDriverフォルダに
・BonDriver_FSUSB2N.dll
・Host_FSUSB2N.exe
・InstallHost.cmd

TVTestフォルダーに
・BonDriver_Spinel_00_FSUSB2N.dll
・BonDriver_Spinel_00_FSUSB2N.dll.ini
・winscard.dll

Spinel3起動、TVTest起動(スマートカードリーダ)。

TVTest+Spinel3+Boncaslink構造

Spinel3のBonDriverフォルダに
・BonDriver_FSUSB2N.dll
・Host_FSUSB2N.exe
・InstallHost.cmd

TVTestフォルダーに
・BonDriver_Spinel_00_FSUSB2N.dll
・BonDriver_Spinel_00_FSUSB2N.dll.ini

Boncaslinkフォルダに
・winscard.dll

BonCasServer起動、BonCasProxy.exe起動、Spinel3起動、TVTest起動(BoncasClient)。


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

関連記事

no image

VLC経由でTVTestをブラウザから視聴する方法

この記事の内容 「VLC Media Player」経由でデジタル放送をブラウザから視聴できる

記事を読む

no image

Windows 7/8/8.1 を NTPサーバーにする方法

時刻合わせに、インターネット上に公開されているNTP サーバーを使用すればよいではないか?という考え

記事を読む

no image

AutoHotkeyのインストールと簡単な使い方 【マウス操作、キーボード入れ替え、自動処理】

AutoHotkeyが便利マウスのキーボード操作とか、キーボードの入れ替えとかホットキーの入れ替えと

記事を読む

no image

TSファイルをH.264に変換(エンコード)するソフトの検討 【TV視聴・録画PC】

Quick Sync VideoでH.264に変換したい TSファイルはファイルサイズが大きいです

記事を読む

no image

Core i3-2100 とH61(TH61 ITX)でPCを組み立てる 【TV視聴・録画PC】

以前自作したPCでは、Celeron G530(2.4GHz)でも録画だけなら、十分、視聴がすると少

記事を読む