KTV-FSPCIEのTVTest導入手順

私が購入したのは、KTV-FSPCIEのシリアルナンバーがK1107からはじまるものです。
KTV-FSUSB2でも同じだと思います。
構成にもいろいろパターンがありますので試した範囲を書いておきます。

ダウンロード場所

・BonDriver_FSUSB2N
http://tri.dw.land.to/fsusb2n/
・TVTest
http://tvtest.zzl.org/
・Spinel、BonDriver_Spinel
http://lapislabs.blog24.fc2.com/
・Boncaslink
検索で探して?


TVTestシンプル構造

TVTestを解凍したフォルダーに
・BonDriver_FSUSB2N.dll
・Host_FSUSB2N.exe
・InstallHost.cmd
・winscard.dll
を一緒に入れてください。
InstallHost.cmdはクリックして、一度だけ実行

TVtestを立ち上げ、スマートカードリーダを選択すれば視聴できると思います。


TVH264シンプル構造

TVtestでどうしてもうまくいかない場合は、TVH264を試してみてもよいかもしれません。
こちらはワンセグ視聴ソフトです。B-CASカードは必要ありません。

TVtestのフォルダにTVH264を入れてもいいですし、
TVH264に、
・BonDriver_FSUSB2N.dll
・Host_FSUSB2N.exe
・InstallHost.cmd
入れてもよいです。

立ち上げ時には、カードリーダーはなしを指定して起動すればワンセグが視聴できるはずです。
電波レベルも8db程度で視聴が可能ですので敷居は低いと思います。

参考記事:TVH264(ワンセグ視聴)で映像が出ない場合の対応方法


TVTest+Spinel3構造

Spinel3のBonDriverフォルダに
・BonDriver_FSUSB2N.dll
・Host_FSUSB2N.exe
・InstallHost.cmd

TVTestフォルダーに
・BonDriver_Spinel_00_FSUSB2N.dll
・BonDriver_Spinel_00_FSUSB2N.dll.ini
・winscard.dll

Spinel3起動、TVTest起動(スマートカードリーダ)。

TVTest+Spinel3+Boncaslink構造

Spinel3のBonDriverフォルダに
・BonDriver_FSUSB2N.dll
・Host_FSUSB2N.exe
・InstallHost.cmd

TVTestフォルダーに
・BonDriver_Spinel_00_FSUSB2N.dll
・BonDriver_Spinel_00_FSUSB2N.dll.ini

Boncaslinkフォルダに
・winscard.dll

BonCasServer起動、BonCasProxy.exe起動、Spinel3起動、TVTest起動(BoncasClient)。


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

関連記事

no image

PX-W3U3でWindows Media Centerを使う 【TV視聴・録画PC】

Windows7のWindows Media CenterとPX-W3U3でTV視聴が可能です。よく

記事を読む

no image

KTV-FSPCIEをDVDケースにいれて外付けにしてみる  【受信レベルが悪い場合】

地デジチューナーKTV-FSPCIEなのですが、PCI-Express x1の端子を持ってるのですが

記事を読む

no image

KTV-FSPCIEの付属のソフトDigiBestTVを使ってみる

私が購入したのは、シリアルナンバーがK1107からはじまるものでした。ロットによってチューナーのチッ

記事を読む

no image

TVTestでスリープさせる方法 【省電力,TOff】

スリープしてくれない TVTest+TvRockの組み合わせで使用しています。TVTestで視

記事を読む

no image

KTV-FSPCIE付属のリモコンをTVTestなどで使えるようにする

くろまるデジタル: KEIAN KTV-FSPCIEのリモコンでパソコン操作を参考に作業を進めました

記事を読む