「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」は無理だと思う方へ

無理だと思うのはある意味正しいのかも

あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方―これだけやれば成功する50の方法」を読んで、私には無理だと思った方でも人気ブログとかまで行かなくてもPVを今よりかは少しは稼げるブログを作ることは可能です。

まず、そう思うような人がその本を読むことは少ないですし、また読んだ人は一種の興奮状態にありますから、「俺にもできそう」な気分になる人が多いでしょう。

冷静に考えれば、わかることで、普通の人が成功?するには
1.運 (時流に乗るとか)
2.地道な努力
ぐらいしかないわけです。

実際に分析してみるとこの2つ以外の要素もあるからうまくいっている場合が多いのです。たとえば、特定分野の専門知識とかそう感じのもの。もうその時点で普通ではないわけです。ノウハウ系のものはあと一つ付け足さないと効果を示さないことが多いのです。でも、その一つは企業秘密な場合が多い(汗)。

「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」でGoogleなどで検索して、取り上げているブログの人たちの偏りを見てみてもよいでしょう。もしかして、知り合いか?何か?ですか?てな感じに思えるぐらい偏ってると思う。たぶん、(PVを)お互いに支えあう仲間みたいなものも必要なのかもしれませんね。



秘訣は自分で探す方が良い

ブログは書き続けることで視点が広がり、興味のある項目が増え、さらに記事が蓄積していくことで自分そのものを形成することができる。
あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方―これだけやれば成功する50の方法

僕の体験では、「書き続けると、需要がありそうな内容がなんとなくわかる」という感じです。こういうものでもPVがあるのなら、同系統のこういうものでも行けるのでは?とかそういう感じで広がりを出てくるわけですね。

そういうのもOKならこういうのは?という感じで興味のある項目が広がるというより、関心が出てくるというほうが適切な表現だとも思います。

要は、PDCAサイクルを行うことが重要なわけですね。
・計画(plan)
・実行(do)
・評価(check)
・改善(act)

また多くの試行錯誤を試すほうが良いですので、計画段階で「やらないこと」を決めるのはよくありません。
ノウハウ系のものを信じすぎる人は、計画段階で可能性をなくしてしまうことがあるわけです。

本書にも「関係ないことを書いてもOK」と書いてるのは、試行錯誤の幅を狭めない手法の一つです。
当ブログでも、ステテコの下に下着はつけるのは普通か?とか、TVを無料で引き取ってもらうのは違法なのか?とかそういう記事の本題とちょっと関係ないことで検索してくる人たちも多いのです。
でも、関係ないからということで書かないとそういうことにも気づかないわけです。

また自分用のレシピメモとして始めたのも案外PVがあります。クックパッドの成功をみて、「Yahooレシピ」とか「楽天レシピ」など、レシピサイトが現状は乱立してますけどね。

あなたのブログのPV多いの?

いや、全然多くないです。

アメブロでそれなりにうまくいってる人に関心が前からあるのですが、その人たちってネットでよく見かけるような「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」とかの手法ではなさそうに思います。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。