冬の北京旅行 その3 【北京ダック、全聚徳、京劇】

京劇をみながら食事

京劇をみながら食事(ツアーについていた)です。そこに出てきた北京ダックがおいしかったので、翌日に全聚徳に食べに行きました。全聚徳(王府井店)はかなり高かったので、地球の歩き方に載っていた別の支店の全聚徳に行きました。こっちは、かなり安くて、おなかいっぱい食べれました。

北京ダックがおいしかったので、北京ダックの真空パックと北京ダックの皮なども買いました。おすすめは、写真5枚目のこういうやつです。中に北京ダックと皮、たれ?が入っていて、レンジで温めるだけで良いという優れものなんです。後はネギ、きゅうりとかを用意して、一緒に挟んで食べると美味です。これ1つ買うだけで楽しめますし、味もまあまあでした。

北京ダックの真空パックは、値段にもよるでしょうが外側がぱりぱりとかはちょっと無理ですね。皮は、何を包んでもおいしいので重宝しました。私は、皮だけがほしいのですが日本でいまだに見かけたことはないです。

スーパーで食材を買う

北京飯店の近くのMRTのところにあるスーパーが品ぞろえが良く、買い物に便利だと思います。上記の写真の5枚目、6枚目を買ったのはここです。

地球の歩き方をみて日系のスーパーものぞいてみたのですが、そっちは今一つでした。
ほか、中華ちまきとかも意外とおすすめできます。コンビニ(セブンイレブン)とかでおにぎりとかも売ってますので、日本の米が恋しい人はどうぞ。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。