楽天レシピで稼ぐ方法を考える 【楽天アフィリエイト】

楽天には楽天マジックがある

クックパットにはやはりかなわないようですが、楽天レシピも順調に会員を集めレシピを増やしつつあります。ただ、クックパットのほうが伸びが大きいのでいつまでも追いつけないみたいです。

楽天レシピは、レシピを投稿するなどで楽天ポイントがもらえるという売りがあります。50ポイント、10ポイントとか少額なので儲からないと切り捨てる人もいますがはたしてそうなのでしょうか?

楽天には楽天特有の文化みたいなものがあって、楽天と関係ない人たちは気づきにくいんですね。また、気づいてもネタばらしすると、小銭儲けができないと考えて黙ってる人が多いとかかもしれません。また、そんな小銭をこせこせ稼ぐなんて恥ずかしくないの?とか言われかねないからしれません。

楽天ブログに関しては、「アフィリエイトでとりあえず月千円程度を稼ぐ方法 」を以前書きましたので興味がある方はどうぞ。


楽天レシピで稼ぐ方法-楽天アフィリエイト

レシピ投稿50ポイント、つくったよレポート承認10ポイント、つくったレポート投稿10ポイントなのですが、これ以外に、「レシピ関連商品が売れると」というのが稼ぐきもです。

http://recipe.rakuten.co.jp/sp1/affiliate/top/の下のほうに、「各レシピページ下の「関連商品」は、「楽天アフィリエイト」になっております。」と明記されています。

楽天ブログで稼ぐという記事でも紹介しましたが、楽天アフィリエイトは、実際にクリックして紹介した商品を購入されなくても、30日以内に楽天市場で何かがうれれば成績となるというルールがあります。だから、関連商品で、おや?こういうものもあるんんだとかちょっとクリックしてみてみようと思わせることが可能なら、それだけで十分なんです。

楽天レシピに出入りしてる人の?%は楽天市場のお客さんであることが多いのでそういうことで成績につなげることが可能です。原理的には、楽天ブログでの商品紹介と何も変わらないわけですね。

楽天レシピの関連商品は3つまで表示できます。これは直接設定はできないのですが、関連キーワードを調整することによりある程度自由に商品を出すことが可能です。レシピのキーワードとは別に設定できるようになっているので、レシピと直接関係ある必要さえないのです。

レシピ投稿で地道に稼ぐ

レシピ投稿で地道に稼ぐという方法もあります。実際真面目にレシピを書いて写真を撮ってというのは結構手間がかかるものなんですが、中にはお手軽にポイントを稼ぎたい連中もいるわけです。そういう人たちと相性の良いレシピをあげていくのもかなり効率的に稼ぐ方法です。

ゆかりで☆爽やかたまごかけご飯♪
ゆかりで☆爽やかたまごかけご飯♪

料理名:たまごかけご飯
作者:nyan260

■材料(1人分)
ご飯 / 1膳
生玉子 / 1個
ゆかり(赤しそふりかけ) / 小さじ1

■レシピを考えた人のコメント
醤油は使わず、ゆかり(赤しそふりかけ)を入れた簡単爽やかたまごかけご飯♪

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
たとえば、こんなレシピです。お手軽に誰でも短時間に作れるレシピ。これだったら、作ってみて「つくったよレポート」を載せようと思う人だって出てくるでしょう(実際、数件載ってるし・・・)。

他にもいろんな攻略方法があると思います。
ポイント稼ぎお断りみたいなムードもあるのかもしれないけど、楽天ブログ自体を許容している楽天の住民なのでほかほど風当たりが厳しいとは私は思えないですが・・・。


ブログで紹介

楽天レシピの場合は、写真付きのレシピを合法的に引用することが可能です。レシピの下のほうに、簡単に引用できるボタン(リンク)がついています。楽天ブログとアメブロはクックするだけで記事に引用されて、新規記事作成になります。こういうのも有効に使えるかもしれません。

引用は、上の段落で引用したみたいになるようです。


登録してみる?

楽天レシピ会員に登録すると、承諾画面に「楽天アフィリエイト」が出てきます。どうもペアーみたいです。あと、楽天レシピの規約、特に著作権関係や投稿レシピの扱いはよく読んでおいたほうがあとあとそんなはずではなかったということが少ない気がします。

3000円(1円=1ポイント)までは楽天ポイントで、それ以上は楽天キャッシュで付与されます。
ただ、少額のAmazonギフト券(楽天オークション)とかで楽天ポイントをいろんなものに変えることは可能です。楽天市場を使わない人でも特に困らない仕組みにはなってると思います。


楽天レシピに投稿するより、自身のブログに書いたほうが良いのでは?

このあたりはよくわかりません。そういうことなどがあれば、ぜひ教えてください。

【ブログ内で関連ある記事】



[ スポンサーリンク ]

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。