画面キャプチャソフト「FastStone Capture」【簡単ハードコピー,スクリーンショット】

画面のハードコピー(スクリーンキャプチャー)をとりたいときに使うと非常に便利なソフトです。最新バージョンは有料なのですが、過去のバージョンの5.3だと無料で使用することが出来ます。Windows7(32ビット、64ビット)で確認しましたが問題なく動作しました。

追記:2013/06/10 Windows8でも動作します。
追記:2016/07/06 Windows10でも動作します。

ダウンロード先

FastStone Capture 5.3
http://www.aplusfreeware.com/categories/mmedia/FastStoneCapture.html

日本語化して使いたい場合は、以下の2つの組み合わせを使うようにしてください。
FastStone Capture 5.3(4/16版) +日本語化パッチ

私は日本語化せずに、上のURLのものを使用しています。


画面のハードコピー

使い方は簡単で、このソフトを起動した状態で[Print Screen]キーを押すか、①から⑥のボタンを押すとスクリーンキャプチャーをとることができます。画像をファイルに名前を付けて保存することも、画面の一部を切り取ることも簡単にできるすぐれものです。

また、ブラウザで表示するページのようにスクロールしないと全画面コピーできないものも、⑥のボタンを押すだけで一発でキャプチャーできます。

①アクティブなウインドウの画面のハードコピー
②ウインドウを選択してそのウインドウの画面のハードコピー
③マウスで範囲指定(矩形)した部分の画面のハードコピー
④マウスで範囲指定(自由曲線)した部分の画面のハードコピー
⑤全画面(フルスクリーン)のハードコピー
⑥スクロール領域のすべてを含めて(つなげて?)の画面のハードコピー

あと、設定のところで出力形式の変更ができます。初期値は「To Editter」になってます。通常はこのままでよいと思います。画面のハードコピーをとると、すぐに簡易編集画面が立ち上がるモードです。ここで範囲指定したり、ファイルに出力したり、クリップボードにコピー、カットなどが容易にできます。

参考になる記事
窓の杜 - 【NEWS】スクロールが必要な面積の広い画面を1枚絵に撮影できる「FastStone Capture」

簡易な編集(Draw)機能も便利

簡易編集画面の上のツールバーの「Draw」のボタンを押すと、文字、矢印、ハイライト、枠などを入れることが可能です。たとえば以下のような感じのものが作成できます。

変更結果がうまく反映されない、ソフトが固まるなどが起こる場合は、下のほうにある「Anti-alias」というところのチェックを外すとよいようです。

パソコンの操作マニュアルなども簡単に作成できそうですね。

最新版を使いたい

FastStone Capture - Vector

Vecotrにもこのソフトを見つけました。30日は試用できるようです。
支払いは、Vectorの決済は使えないようです。

http://www.faststone.org/order.htm
で、クレジット決済かPayPal決済のようです。単に、Vectorに登録されてるだけのようです。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

『画面キャプチャソフト「FastStone Capture」【簡単ハードコピー,スクリーンショット】』へのコメント

  1. 名前:雅稚佳 : 投稿日:2013/06/13 23:37

    これの有料版を使ってます。

    一度購入してしまえば、アップデートもお金かかんないです。
    その代わり、日本語バッチは古いタイプのバージョンでは有志がネットで無料公開して日本語化できますが、最新版は日本語化はできず英語だけですね。

    日本語バージョンも出してくれるとありがたいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。