Ripreの審査基準は1日1000PVだと思われる

追記:2013/08/09
2012年後半あたりにRipreのシステムリニューアルがあり、ブログパーツ(PV計測用?)がなくなって、貼り付ける必要がなくなったので、審査基準なども大幅に変更されている可能性があります。

評価基準としてPV以外に評価できるとしたら、以下みたいなものだとは思います。
・ブログのコメント欄
・RSS経由での購読者数(アメブロなら、購読者?)
・被リンク数
参考:ブログタイムズの審査基準について

Ripreってなに?

【Ripre】私だけのプレミアム体験
http://www.ripre.com/

ブログ、Twitter等で影響力のある選ばれた方のみに特別な体験をしていただく会員限定サービスです。
新商品やサービスを使ったり、限定イベントに参加できるチャンスがあります。
これらの特別な体験をあなたの視点で自由に情報発信をしてください。
プレミアムな会員がプレミアムな体験ができるRipreに是非ご参加ください!


会員登録まで

私の場合は、2011年の6月ごろにブログスカウター会員のメールとして送られて来ました。
会員登録は審査制で、1回応募して落ちると1か月後以降でないと応募できない決まりになっています。で審査に通ったのが10月末なので4,5回はダメだったんじゃないでしょうか(汗)。

審査期間は2週間となっています。1回目は2週間だったけど、2回目以降は3日ぐらいで、「ごめんなさい」って返事が来てたと思います。通った時は、2週間でした。



審査基準は、1000PV/日?!

登録前に一応どの程度のサイトなら審査が通るのだろうかと検索で調べました。

このブログ、過去3ヶ月間の実績を見てみると、せいぜい3万PV/月くらいだな。
意外と人数が集まってないのかもしれないな。30万pvなくても承認されたので他の方ももし興味があったら登録してみてもよいかもしれませんな。
案件配信については10月上旬より順次手続き開始とのことなので10月以降何か動きがあるようだ。暫く静観するしかないな。
Ripre(私だけのプレミアム体験)の敷居は意外と高くなかった | りょーちの駄文と書評

うちのサイトの落ちた時と通った時との比較からも、1日平均1000PVだと思う。


ページビュー(PV)の計測値は微妙に違う

うちのブログは、以下の3つぐらいの値を参考にしてますが、大体同じぐらいです。
・BloggerのPV数
・FC2のアクセス解析のPV数
・Google AnalysticsのPV数

以下の記事をみると、アメブロはちょっと違うみたいですね。
水増しでなくて、計測方法や判定の仕方が違うだけだとは思いますが・・。

アメブロアクセス解析では、総PV数は約50万、総UU数は約8万5000。
Google Analysticsでは、総PV数は約20万、総UU数は約5万。

PV数に関しては2倍以上、UU数に関しては1.5倍ほどの開きがあります。
Ripreを運営しているのはアメブロ(サイバーエージェント)傘下のサイバーバズ。
アメブロ管理のPVを準拠にしているのなら、2ヶ月間30万PV以上を保持したことでサイバーバズの審査パス基準に達した事も不思議ではありません。
アメブロ以外のブログでもRipreに応募する事ができるので、恐らくGoogle Analysticsの解析で総PV数が約20万以上をある程度保持していれば審査に受かる可能性があります。(審査角度は様々なので一概には言えません)
アメブロのアクセス水増しについて|plusのPSPo2iブログ

RipreはブログやTwitterだけでない

Facebook向けの案件の配信も始めることになったようです。
またすでにFacebookアカウントを登録している方も審査基準が設定されたため、再度申請する必要があると告知が来ました。(追記:2011/12/16)

Ripre(リプレ) Facebookアカウントユーザー向けサンプリング

【新サービス概要】
【Facebook】アカウントユーザーにて選出されました方向けの
サンプリング案件を開始させていただきます。
Ripre(リプレ)

基準はどうなっているのかわかりませんが、案件を集めるためにもそれなりの人数が必要だと思いますので想定よりは低い基準とかはありえるかもしれません。

私はブログのみ登録してるだけなので、詳細はわかりません。Ripreのお問い合わせフォームから問い合わせたら疑問点には答えてもらえると思います。

検索から調べた限りでは、Twitterは2000ぐらい、Facebookは2桁前半みたいです。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。