簡単にUSBメモリーにLinuxをインストールする方法 【LinuxLive USB Creator 】

LinuxLive USB Creator というソフトを使うとイメージファイルなどから簡単にUSBにインストールすることが可能です。今回使ったUSBメモリーが512Mしかないので、軽量の「Puppy Linux日本語版」を使用しました。

Puppy Linuxの日本語版ですが、それなりに使えます。ネットとかもできます。


ダウンロード場所

■LinuxLive USB Creator
http://www.linuxliveusb.com/
■Puppy Linux日本語版
http://openlab.jp/puppylinux/README-ja.html

今回は、それぞれ「LinuxLive USB Creator 2.8.5.exe」「pup-431JP.iso」を使用しました。


使い方

実際にやってみるのが一番だと思います。簡単なのは簡単です。
USBメモリーの中にファイルなどがある場合はバックアップしておかないと多分消えます。
あと、Windowsでも起動とかいう機能がありますが、これは内部?でVirtualBoxを起動して動作させてるだけのようです。

【参考になるサイト】
■CentOSの場合
Linux Tips: CentOS を USBメモリからブートするには
■Fedoraの場合
LinuxLive USB Creator(LiLi) - データの保存ができて、VirtualBoxで起動可能なLive USBを作る - 憩いの
■Ubuntuの場合
パソコンユーザのつぶやき: UNetbootinより素敵な、Linux Live USB Creator でUSBメモリへインストー


Puppy Linuxってどんな感じ?

もちろん、Puppy LinuxはCDブートとかもできますよ。

スポンサーリンク

関連記事

no image

Windows7をメモリー256Mの低スペックパソコンにインストールしてみる

低スペックのノートパソコンにどうしてもWindows7を入れてみたくてやってみました。 ノート

記事を読む

no image

Windowsでネットワーク一覧にほかのパソコンが表示されなくて困った場合

現象1.LAN上にあるほかのパソコンが見えない2.共有プリンターが見えないWindows7かVist

記事を読む

no image

簡単で安定してそうな「メモリー解放ソフト Wise Memory Optimizer」

ダウンロード先: Wise Memory Optimizer - vector

記事を読む

no image

ra / rm / rmvb / ramの動画をRealPlayerなしで再生する方法 【Windows Media Playerで再生可能】

Real Alternativeというソフトをインストールすると、Windows Media Pla

記事を読む

no image

解決!! ドラッグ&ドロップが出来ない

ドラッグアンドドロップが出来なくなった時の対応方法の一例です。 私の場合はWindows7で起こり

記事を読む