簡単にUSBメモリーにLinuxをインストールする方法 【LinuxLive USB Creator 】

LinuxLive USB Creator というソフトを使うとイメージファイルなどから簡単にUSBにインストールすることが可能です。今回使ったUSBメモリーが512Mしかないので、軽量の「Puppy Linux日本語版」を使用しました。

Puppy Linuxの日本語版ですが、それなりに使えます。ネットとかもできます。


ダウンロード場所

■LinuxLive USB Creator
http://www.linuxliveusb.com/
■Puppy Linux日本語版
http://openlab.jp/puppylinux/README-ja.html

今回は、それぞれ「LinuxLive USB Creator 2.8.5.exe」「pup-431JP.iso」を使用しました。


使い方

実際にやってみるのが一番だと思います。簡単なのは簡単です。
USBメモリーの中にファイルなどがある場合はバックアップしておかないと多分消えます。
あと、Windowsでも起動とかいう機能がありますが、これは内部?でVirtualBoxを起動して動作させてるだけのようです。

【参考になるサイト】
■CentOSの場合
Linux Tips: CentOS を USBメモリからブートするには
■Fedoraの場合
LinuxLive USB Creator(LiLi) - データの保存ができて、VirtualBoxで起動可能なLive USBを作る - 憩いの
■Ubuntuの場合
パソコンユーザのつぶやき: UNetbootinより素敵な、Linux Live USB Creator でUSBメモリへインストー


Puppy Linuxってどんな感じ?

もちろん、Puppy LinuxはCDブートとかもできますよ。

スポンサーリンク

関連記事

no image

年賀状印刷には、無料の「はがきデザインキット」がお勧め

はがきデザインキット2013|郵便年賀.jp http://www.yubin-nenga.jp/

記事を読む

no image

フリーのDLNAサーバ PS3 Media Server をWindowsで使ってみる

PS3 Media Serverのセットアップダウンロード先:ps3mediaserverhttp:

記事を読む

no image

秀丸エディタでデフォルトでUTF-8で開く設定

メニューバーの「その他」→「動作環境」を選択します。 下のほうにある、「上級者向け設定」にチェック

記事を読む

no image

簡単で強力なファイル名の一括変更ソフト「練馬」【Unicode対応で、どんなファイル名でもOK】

英語や日本語以外の文字で構成されたファイル名もリネーム出来るというのが一番の売りです。おそらく、日本

記事を読む

no image

IEを起動できないようにする方法 【XP、Vista、Windows7】

動作は、XPとWindows7(64bit)で確認しました。Windows8.1でも確認しましたが、

記事を読む