簡単にUSBメモリーにLinuxをインストールする方法 【LinuxLive USB Creator 】

LinuxLive USB Creator というソフトを使うとイメージファイルなどから簡単にUSBにインストールすることが可能です。今回使ったUSBメモリーが512Mしかないので、軽量の「Puppy Linux日本語版」を使用しました。

Puppy Linuxの日本語版ですが、それなりに使えます。ネットとかもできます。


ダウンロード場所

■LinuxLive USB Creator
http://www.linuxliveusb.com/
■Puppy Linux日本語版
http://openlab.jp/puppylinux/README-ja.html

今回は、それぞれ「LinuxLive USB Creator 2.8.5.exe」「pup-431JP.iso」を使用しました。


使い方

実際にやってみるのが一番だと思います。簡単なのは簡単です。
USBメモリーの中にファイルなどがある場合はバックアップしておかないと多分消えます。
あと、Windowsでも起動とかいう機能がありますが、これは内部?でVirtualBoxを起動して動作させてるだけのようです。

【参考になるサイト】
■CentOSの場合
Linux Tips: CentOS を USBメモリからブートするには
■Fedoraの場合
LinuxLive USB Creator(LiLi) - データの保存ができて、VirtualBoxで起動可能なLive USBを作る - 憩いの
■Ubuntuの場合
パソコンユーザのつぶやき: UNetbootinより素敵な、Linux Live USB Creator でUSBメモリへインストー


Puppy Linuxってどんな感じ?

もちろん、Puppy LinuxはCDブートとかもできますよ。

スポンサーリンク

関連記事

no image

NSIS Errorが表示されインストールできない

インストールしようとしているファイルが破損している可能性があります。ダウンロードしたソフトの場合は、

記事を読む

no image

Windows7のブートマネージャを編集するソフト「EasyBCD 2.1」

ダウンロード http://neosmart.net/dl.php?id=1 ここから入手可

記事を読む

no image

Office2013に無償アップグレードしてみた 【プロダクトキー確認方法、DVDへの焼き方他】

無償アップグレード私の場合は、プレインストールのOffice2010です。 デスクトップに、新しい

記事を読む

no image

Windows8は、数個のショートカットキーを使用したほうが快適に使えると思う

・Windows 8のショートカットキー : パソコン工房・Windows 8、Windows RT

記事を読む

no image

無料のウイルス対策ソフト「avast!8」を導入してみる 【ライセンス登録・更新の仕方】

※Windows8だけでなくて、Windows7にも当然導入が可能です。 ※ライセンス認証に必要な

記事を読む