簡単にUSBメモリーにLinuxをインストールする方法 【LinuxLive USB Creator 】

LinuxLive USB Creator というソフトを使うとイメージファイルなどから簡単にUSBにインストールすることが可能です。今回使ったUSBメモリーが512Mしかないので、軽量の「Puppy Linux日本語版」を使用しました。

Puppy Linuxの日本語版ですが、それなりに使えます。ネットとかもできます。


ダウンロード場所

■LinuxLive USB Creator
http://www.linuxliveusb.com/
■Puppy Linux日本語版
http://openlab.jp/puppylinux/README-ja.html

今回は、それぞれ「LinuxLive USB Creator 2.8.5.exe」「pup-431JP.iso」を使用しました。


使い方

実際にやってみるのが一番だと思います。簡単なのは簡単です。
USBメモリーの中にファイルなどがある場合はバックアップしておかないと多分消えます。
あと、Windowsでも起動とかいう機能がありますが、これは内部?でVirtualBoxを起動して動作させてるだけのようです。

【参考になるサイト】
■CentOSの場合
Linux Tips: CentOS を USBメモリからブートするには
■Fedoraの場合
LinuxLive USB Creator(LiLi) - データの保存ができて、VirtualBoxで起動可能なLive USBを作る - 憩いの
■Ubuntuの場合
パソコンユーザのつぶやき: UNetbootinより素敵な、Linux Live USB Creator でUSBメモリへインストー


Puppy Linuxってどんな感じ?

もちろん、Puppy LinuxはCDブートとかもできますよ。

スポンサーリンク

関連記事

no image

画面キャプチャソフト「FastStone Capture」【簡単ハードコピー,スクリーンショット】

画面のハードコピー(スクリーンキャプチャー)をとりたいときに使うと非常に便利なソフトです。最新バージ

記事を読む

no image

無料で、PDFをJPEGに変換してみよう

使用するアプリ ・4Videosoft フリー PDF JPEG 変換 (vector) v

記事を読む

no image

今買い替える、「Windows7」と「Windows8.1」はどっちが良い?!

Windows 7 メイン ストリーム サポート終了のお知らせ - Microsoft via kw

記事を読む

no image

VMware Playerが、激遅の時にできること

・いままで使ってきた時よりも、明らかに遅い ・過去に作成した仮想イメージを使用している ・パソコ

記事を読む

no image

FD(フロッピーディスク)をイメージバックアップする

PC98時代のFDはファイル化してバックアップしたのですが、Windows95時代以降のFDがまだ残

記事を読む