簡単にUSBメモリーにLinuxをインストールする方法 【LinuxLive USB Creator 】

LinuxLive USB Creator というソフトを使うとイメージファイルなどから簡単にUSBにインストールすることが可能です。今回使ったUSBメモリーが512Mしかないので、軽量の「Puppy Linux日本語版」を使用しました。

Puppy Linuxの日本語版ですが、それなりに使えます。ネットとかもできます。


ダウンロード場所

■LinuxLive USB Creator
http://www.linuxliveusb.com/
■Puppy Linux日本語版
http://openlab.jp/puppylinux/README-ja.html

今回は、それぞれ「LinuxLive USB Creator 2.8.5.exe」「pup-431JP.iso」を使用しました。


使い方

実際にやってみるのが一番だと思います。簡単なのは簡単です。
USBメモリーの中にファイルなどがある場合はバックアップしておかないと多分消えます。
あと、Windowsでも起動とかいう機能がありますが、これは内部?でVirtualBoxを起動して動作させてるだけのようです。

【参考になるサイト】
■CentOSの場合
Linux Tips: CentOS を USBメモリからブートするには
■Fedoraの場合
LinuxLive USB Creator(LiLi) - データの保存ができて、VirtualBoxで起動可能なLive USBを作る - 憩いの
■Ubuntuの場合
パソコンユーザのつぶやき: UNetbootinより素敵な、Linux Live USB Creator でUSBメモリへインストー


Puppy Linuxってどんな感じ?

もちろん、Puppy LinuxはCDブートとかもできますよ。

スポンサーリンク

関連記事

no image

gira2.jpのサイトからくる迷惑メールはスルーする以外に方法はない

このサイトには、登録した覚えが全くないので、こわいです。 見たところ、登録した住所が東京都になってい

記事を読む

no image

VHD形式をVMWare形式に変換する

VHD形式をVMWare形式に変換する方法使用するソフトとダウンロード先NHC Ver.0 alph

記事を読む

no image

アバスト! 無料アンチウイルス 6.0 (avast!)のライセンス登録の方法

※注意 2014、バージョン7,8の場合は以下の記事を参考にしてください。 ・「無料のavast

記事を読む

no image

BUFFALO RAMDISK を使用してみる

BUFFALO RAMDISKメモリーを4GBから8GBに増設してみたので、試してみました。 RA

記事を読む

no image

実際に、PC の時計を2099 年12月31日に設定してみた

下手すると PC が起動しなくなります。その瞬間、Windows は画面を表示したままフリーズしてし

記事を読む