餅代をもらったので正月の新聞配達を休んだ知人の話

数年前、知人が餅代をもらえたので正月の新聞配達を休めるといって喜んでおりました。僕は、正月も大変だろうけど新聞配達してくださいねというつもりで、餅代を渡したのではないかな?と思ったけど、その知人があまりにも良い人でまた心から喜んでいたので何も言わずに「そうだね」という風な感じの受け応えをしていました。

その知人は、育ちもよくて人のことをあまり悪くとらえられない本当に良い人なんです。だからこそ、そういうことがピンと来ないのかもしれません。新聞販売店の人はどう対応したのかわかりませんが、正月に休みますといった知人に僕のように何も言えなかったのかもしれませんね。

この程度のことで、人を批判したり、説教したりその他もろもろのようなことをする世の中だったりしたら、この世の中は本当に平和で豊かなのかな?と思います。いまだに、このことを思い出すと僕自身は幸せな気持ちになります。

2012年 皆様にとってよい年でありますように!

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。