肥満で腰が痛い時には、腰用クッションがおすすめ

腰用クッション

腰用クッションとして売ってました。サイズは測ってみると、70x38cmでした。写真を撮ろうと思ったのですが、使い込まれていて、ちょっと無理そうです(汗)。

今よりも、太っていた時、どうも寝るときに腰が痛いというか負担がかかるなという状態で毎日、寝苦しい状態が続いておりました。以前は、硬めの布団が好きだったのですが、硬いとなぜか疲れが取れないんです。

仕方がないので、柔らかいクッション感じの布団に買い替えてみたんですがそれでもまだどうもダメなんです。そこで、偶然見かけた、腰用クッションというものを購入してみました。1000円しませんでした。

これを腰に当てて寝ると、非常に快適でその日から寝るのが楽しくなりました。腰用クッションと書いてますが、マクラとしても使用可能でした。日中はクッション(座布団)代わりとして、お昼寝時はマクラとしても使ってました。

追記:2014/06/25
へたって来たので、Amazonで似た感じのものを買いました。

ビバルディ オルトペディコ 安眠枕 イタリア製 (横78X縦48cmX高さ13cm)-Amazon」です。横幅と柔らかさがイイ感じです。

雇用クッションで、長枕っぽいものが見つからなかったので、これにしました(^^)


肥満と腰痛

調べてみると肥満と腰痛は関連性があるようです。肥満だと、脂肪がクッションになるイメージだったのですが実際はそんなことはありませんでした。確かに、体全体はクッションのようになるんですけどね(汗)。

肥満といっても、少しメタボ気味程度ではたぶん、私が今回体験したようなことは起こらないと思います。今は、腰痛?のときよりも痩せて、また硬めの布団で寝れるようになりました。腰痛でお困りの人がいるかと思って、記事にしてみました。本当は痩せるのが一番良いんですが、なかなか痩せるのは大変ですからそういう時に、腰用クッションなどを使ってみてください。

横幅が長めで、柔らかさが妥当ならマクラでも良いと思います。たとえば、ホテルなどのマクラはかなり快適ですよね?ホテル仕様の枕の規格も大体このぐらいのサイズなんですね。ホテルの枕を試せる人は、試してみて同じものを購入するのも良いかと思います。


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。