MacのFinderで隠しファイルを見る方法 【OnyX,TinkerTool】

目次

1.設定ツールを使って設定を変える方法
2.ターミナルを使って設定を変える方法

の2種類あります。

記事の前半が設定ツールをつかた場合のやり方です。
後半がターミナルを使った方法です。

設定ツールには、OnyXまたはTinkerToolがあります。ツールを使う場合は、お好きな方をお使いください。

.から始まるファイルが、MacのFinderから見えないとかそういうことで困っているときに使います。

OnyXの場合

ダウンロード先: OnyX
OSXのバージョンにあったものを選んでください。

アプリケーションフォルダーにコピーします。
アプリケーションフォルダーにあるOnyXをクリックして起動します。

「各種設定」->「Fineder」の不可視ファイル/フォルダを表示にチェックを入れます。
これで、Finderで隠しファイルやフォルダーが常時表示される状態になります。


TinkerToolの場合

ダウンロード先:TinkerTool
アプリケーションフォルダーにコピーします。
アプリケーションフォルダーにあるTinkerToolをクリックして起動します。

「隠されたファイルおよびシステムファイルを表示する」をチェックしてください。

ターミナルを使う場合

ターミナルで以下のコマンドを実行してください

隠しファイルを表示する
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
隠しファイルを非表示に戻す
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
Finderの再起動
killall Finder
設定を変更した時に、Finderを再起動させる

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。