いろんなものに、人間味をつける方法

迷惑メールについて

メーラーの「迷惑メール」フォルダ。
あれ大発明だと思う。
メールを長いこと返し忘れてたときとか、「なんか、迷惑メールに振り分けられてて、テヘーッ!」って言える。
日本の逃げ道。 | 俺とパンダ3

迷惑メールに振り分けられたみたいで、気づかなかったよ・・。


Twitterのフォロー

原因はぼくにも分からないので、Twitterに問い合わせてみると、“それはバグです。今直し中です”という答が返ってきた。彼らがリンクを教えてくれたサポート用のFAQにも、既知の問題として載っている。デバッグはTwitterのチームにおまかせするとして、当面どう対応したらいいかを考えよう。
Twitterが人を勝手にアンフォローするバグとその対策

Twitterのバグで、フォローが外れたみたい。これからも、私たち友達だよ。


Facebookのイイネ

どうか、トラップを踏んでしまった人がいても、「実際にそのサイトを見ていた」と決め付けないようにしてほしい。どんな経緯でそのトラップを踏んだのかはわからないのだから。
エロサイトに「いいね」した人がエロサイトを見ていたとは限らない | コーヒーサーバは香炉である

彼は無実です。絶対にエロサイトなんか見る人ではありません。


人間味とはなにか?

・逃げ道や言い訳を用意してあげること
・逃げることや言い訳を黙認してあげること

と言っても、人間味のない人は理解できないかもしれません。
最近僕は、ネットワーク上で行われてることの一部がもしかして、bot(ボット)でないかと疑っています。

完璧さは人間味とは相性が悪いと思います。
完璧なシステム下では、人はコミュニケーションを円滑にとることが難しいことが分かっています。
なぜか欠陥があるシステムの方が、コミュニケーションと言う観点では便利につかえるのですね。


システム並みに論理矛盾のない発言と行動をする人たち

人は存在するだけで人は、人間ではないんです。
どちらかというと、システムになる方がたやすいわけです。
人間味のない人間って、人間なのでしょうか?


bot(ボット)はものを購入しない

唯一、僕がbotだけではないと認識する瞬間。
そのうち、botが物を購入するようになれば、インターネットには人間はもう必要ありません。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。