家庭でできる美味しいたこ焼きの作り方 【意外と使える100円グッズ】

たこ焼きを美味しく作るコツ

・生地はなるべく薄めに(水を多めに)
・油を2,3滴垂らすだけで、「油で表面カリッと、内部は蒸し状態でふんわり」状態に
・鉄板の特性 (たこ焼き器による)

美味しくないのは、生地が薄くないことがほとんどです。いつもよりも?薄く(水を置く入れる)作るだけでおいしさアップします。多くのレシピはどちらかというと濃いめ。形良くできるけど美味しくない。
ホットケーキ風、お好み焼き風になるのは生地が薄くない証拠です。

銀だこのようなおいしいたこ焼きの作り方 - 料理レシピ - 教えて!goo」で銀だこでの油の使い方が書かれていますが、家庭でまねするのは難しいです。そこで、油をひいたあとに、油を2,3滴入れます。生地は薄めに作っている場合は、ほとんどが水分ですので比重の関係で、油と生地が混ざらないので外側に油が集まり、結果として銀だこのように揚げてる?ような感じになり表面がからっとあがります。

あとはたこ焼き器の特性によるかと思います。ホットプレートタイプの物は使用したことがないので分かりません。

ごっつウマ! たこ焼き大革命 : ためしてガッテン - NHKあたりも参考に。

たこ焼きですが、尼崎名物?の多幸焼き(たこやき)のように実は具を入れないで焼いても美味しくはできあがります。でも丸くするのは難しいので何か具を入れる方がよいでしょう。たこがない場合は、豆腐がおすすめです。


豆腐を具にたこ焼きをつくる

<<レシピ 30個分>>
・小麦粉
・卵 1個
・だしの素
・水
・豆腐 (さいの目切り)

卵1個で30個分ぐらいが妥当です。

<<作り方>>
1.たこ焼き器に油をひき、その後油を3滴程度垂らす
2.豆腐を入れる
3.生地をいれる
4.表面が焼けた?感じになれば、竹串などで裏返す

竹串は長めがおすすめ
裏返すときは、中央部が固まってない状態でないと丸くならない。
裏返すまでは強火で、その後は弱火でOK

100円ショップのたこ焼き器

100スキやダッチオーブンのように、ならし(シーズニング)がある程度必要です。これがちゃんとできるとどんな安い物?でもそれなりにきちんと焼けるようになるかと思います。

ただ、私は100円ショップのたこ焼き器はおすすめしません。一つはガスレンジにおきやすいように作られていないからです。

使用した後は、それなりに油っぽい?ので、紙袋にいれて保管しています。

1家に1台、たこ焼き器がある地域ではないのである意味仕方なく100円ショップのものを購入したのです。

※上の写真は、100円ショップで105円で購入ものです。



【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

『家庭でできる美味しいたこ焼きの作り方 【意外と使える100円グッズ】』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/01/12 05:59

    魚焼きの網に乗せて焼けばOKでしょ

  2. 名前:管理人 : 投稿日:2016/01/13 17:39

    >一つはガスレンジにおきやすいように作られていないからです。

    まあ、確かに網の上にのせればOKそうな気はしますね。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。