Google Bloggerのバックアップの取り方

必要そうなデータ

1.記事データ
2.テンプレート
3.ガジェットのHTML/Javascriptの中身
4.記事URL(パーマリンク)
5.Picasaの画像

ちょっと前までは、「ガジェットのHTML/Javascriptの中身」もテンプレートのバックアップで一緒に保存されていたのですが、今はされないみたいです。

記事URL(パーマリンク)もインポート時にうまく戻らない場合がある(みたい)ので、情報として持っておくほうが良いと思う。


ブログのインポート /エクスポート

設定->その他->ブログ ツールの「ブログをインポート - ブログをエクスポート - ブログを削除」のエクスポートで、テンプレート・記事のバックアップが取れます。

ファイルの中を見ると
・記事
・コメント
・タグ情報
・テンプレート情報
・記事URL
が含まれているようです。

ただ、過去の経験上や検索結果から見る限りは、
記事URL(パーマリンク)はもとに戻らない。(と考えたほうが良いです)

独自ドメインを使用している場合は、新規に別にBloggerのブログを作成してそちらにインポートすると比較的多くの記事がもとのURL(パーマリンク)に戻る場合が多いのす。

独自ドメインを使用していない場合は、サブドメイン?名が変わりますのでこの方法は使えませんし、また既存のブログに記事をすべて削除してからインポートしても、もとのURL(パーマリンク)に戻りません。

※Bloggerの場合、仕様が時々かわるので現状は調べてみたほうが良いと思います。

インポート後に記事URLを維持する工夫

設定 ->検索設定の「エラーとリダイレクト」->カスタム リダイレクト
のところで、URLのリダイレクトができるのでこれを利用します。

リダイレクト元:元記事のURL
リダイレクト先:新規に割り当てられた記事URL


テンプレートだけのバックアップ

テンプレート->バックアップ復元で可能です。

ファイルの中をみると、ガジェットのHTML/Javascriptの中身がないので、手作業?でその中身をメモ帳などにコピペで保存しておかないと、全くの新規から戻すときは困ると思います。

ブログのエクスポートデータに含まれてるようですが、別個に持っておいたほうが便利かも

Picasaの画像

Picasaのバックアップ方法 【Picasa ウェブアルバム】

検討事項?

フィードデータをそのまま保存しておいても便利なのかも?
例:
http://ブログURLのTOP/atom.xml?redirect=false&start-index=1&max-results=500 http://ブログURLのTOP/atom.xml?redirect=false&start-index=501&max-results=500

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。