せどりで高評価をもらう方法 【Amazonマーケットプレイス】

最近はネットの出現で、ふたたびそれが可能になりつつある。ブックオフで買った古本をアマゾンで高値で売る“せどり”や、まとめサイトやyoutubeを利用してアフィリエイトで稼ぐとか、不要品を集めてオークションで売る、文章や写真やイラストを売るなど。
「ちょこっと稼ぐ」の復活 - Chikirinの日記

せどりが儲かるかどうかはひとまずおいておいて、Amazonマーケットプレイスでせどりをやるときに、高評価を効率よく貰う方法を書きたいと思います。

マケプレの場合、ヤフオクや楽オクと違って評価自体が付きにくいんですね。

具体的な方法

1.本や商品はクリアパックで丁寧すぎるぐらいに包む
きっちりパックされていることが肝心
中古本でもきれいに見えるのでイメージもよい
2.クリアパックの表面にコメントカードを貼る
強制的に読ませる工夫がないと、読まれない
3.コメントカードには、顧客の安心を与える文面にする
・梱包前に確認しているが、手違いがあればまずはご連絡ください
・万が一なにかあれば、全額返金、一部返金などのできる限りの対応をさせていただきます
・今後の参考のため、お手数ですが評価をつけていただけると嬉しいです
みたいな内容を自分なりの文章で、簡潔にまとめたものを・・・

評価を付ける前に連絡をもらえれば、低評価を阻止できます。
また、商品受け取り時にインパクトがあれば記憶に残るので、後々の評価が高評価になります。

4.低評価が付いた場合
・不愉快な思いをさせたことをお詫びする
・かなりかなり控えめに、1点だけ言い訳めいたことをする

低評価が付いた場合は、相手とあなたがどちらの言い分が妥当そうに見えるかが勝負になります。下手な反論や言い訳はあなたの評価がさがるので、多くの場合は放置でも問題ありません。
ただ、事実無根の言いがかりの場合は、上記のようにソフトにやんわりと反論しましょう。

たとえ相手が悪くてあなたが正しくても、相手を遣り込めては客商売としてはNGだということですよ。
勝つことよりも、人柄がよさそうというイメージを周りに与えることのほうがかなり重要です。

クリアパックというのは以下のような透明のシート状の袋のことです。
クリアパック一覧 -Amazon
クリアパック一覧 -楽天市場


やってはいけないこと

1.評価を催促する
2.評価方法を強制する
・「Amazonマーケットプレイス コンディション・ガイドライン 」があるのですが、これに基づいて評価してくださいはNG
・問題ない場合は、評価5をつけてくださいはNG
・多くの方は評価5,4をつけています。評価3は普通ですが、多くの人はそういう意味で使っていませんはNG
3.低評価に反論する

かえって逆効果なので、やめましょう。

4.評価を変えてもらう
評価の取り下げをお願いすることは問題ないのですが、それ以上のことをするとAmazonマーケットプレイスの規約に抵触します。あくまでお願いレベルまでがOKなので、事実無根なので削除してくださいとかもダメですので、この路線はあきらめるのが無難だと思います。削除させたいときは、当人に連絡するのでなくてAmazonのカスタマーに相談です。カスタマーが無理と言えば、規約上は問題ない評価だという認識になりますので、それ以上やっても無駄な抵抗になりかねません。当人に連絡すると、ヘタすると逆襲にあって、あなたのほうが規約違反としてAmazonのカスタマーに通報されてしまいます。

やらなくてもよいこと

1.注文確認メールを送ること
2.評価に対してコメントを返すこと

マケプレは、発送通知などは自動でやってくれますので何もする必要がありません。
逆に、注文主とメールで連絡が必ず取れると思った行動は効率悪いのでやめましょう。

もし連絡する必要がある場合などは、5日以内にご連絡がない場合は一旦キャンセルにさせていただきますとかそういう文言を埋め込んだメールを送るようにすると、次の行動がとりやすいです。

注意したいこと

1.注文をキャンセルする場合
マケプレの場合、注文をキャンセルしても評価自体は行えるようになっています。
報復評価をする方がたまにいるようなので、そうならないように注文キャンセルにあたっては、相手に誤解を生じないようにしましょう。

こんな常識的なことでよいの?

そうです。
ある程度評価が付きだしたら、クリアパックの梱包も単にビニール袋に入れる程度に変更してもよいでしょう。
コストと常に相談ということで。

プチプチ梱包もよいですが、メール便を使うような個人では厚さ制限に引っかかるので使えませんね。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。