白いTシャツや下着が黄ばんでしまった場合の洗濯

追記:2013/03/25
オキシクリーンを使うと「襟の皮脂汚れ」が簡単に落ちる

以下の方法でダメな場合は、オキシクリーン(中身はたぶん重層)を付けて歯ブラシでこすってから、普通に選択するときれいになることもあります。
自己流なので、試す場合は自己責任で

全体的に黄ばんでいる

1.普通に一度洗濯してみる 
2.ダメな場合は、40度のお湯に、酸素系漂白剤を規定量入れてつけ置き(15分?)
その後、普通に洗濯する

わきの部分が黄ばんでいる

1.ポイント洗い(袖襟用の洗剤)を黄ばんだ部分に塗りつけて、普通に洗濯
2.ダメな場合は、40度のお湯に、酸素系漂白剤を規定量入れてつけ置き(15分?)
その後、普通に洗濯する

袖や襟の部分が黄ばんでいる

1.ポイント洗い(袖襟用の洗剤)を黄ばんだ部分に塗りつけて、普通に洗濯
2.ダメな場合は、40度のお湯に、酸素系漂白剤を規定量入れてつけ置き(15分?)
その後、普通に洗濯する

最終手段

本当に真っ白なTシャツや下着の場合は、最後は塩素系漂白剤に付けてみる。
塩素系なので色落ちしますので、プリントとか柄があると無理でしょう。

その他

黄ばみ原因は、皮脂分です。少しだけ残っていて、保存状態が高温多湿気味だと酸化して黄ばみます。
あと、洗濯石鹸を使っている場合も意外と黄ばみます。石けんかす?が少し残るのが原因だと思われます。

シーズンが終わった時に、酸素系漂白剤を入れて洗濯して、しまっておけばたぶん大丈夫。



【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。