洗濯を楽にするコツ

洗濯を干す手間を省く

ランドリーラックというものがあります。洗濯機の上を有効利用するグッズの一つなのですが、これが便利です。洗濯機から取り出した衣類をその場でハンガーやピンチハンガーを使って干すわけです。

その場で干すというのがポイントです。上のほうのバーにかけるだけでよいので非常に楽ちんですよ。
洗濯は、ハンガーかピンチハンガーでほとんどを干してしまいましょう。

これを実施していない人は、これだけ導入するだけで楽になります。

洗濯ネットを使いましょう

洗濯するときは、洗濯ネットにいれると非常に楽です。まず、衣類が絡まない、衣類が傷まないというメリットもあります。ズボン系もきれいに畳んでネットに入れると良いでしょう。下着類もネットで洗うと長持ちします。しわもよりにくいので干すときの手間もかなり減ります。

畳んでネットに入れて洗うと汚れが落ちないんじゃないか?と思う人もいるかと思いますが、それは気のせいです。

アイロンがけの手間を省く

しわになりにくい素材のものを購入しましょう。Yシャツもノンアイロンシャツを購入すれば、ほぼアイロンの必要がありませんが、洗濯ネットに入れて畳んで洗わないとしわがついてしまうのでノンアイロンシャツでも無理な場合があるので注意しましょう。

基本は干すときに叩いてしわを伸ばすのが有効なのですが、洗う段階でもしわがよらないほうが良いでしょう。


襟・袖の汚れを効果的にとる

男の場合は特に、襟袖が汚れやすいと思います。そういうときでもこれがあれば問題ありません。洗濯する前に、襟と袖に塗るだけなんです。あとは、そのまま洗濯するだけで、何もなかったかのようにきれいに落ちます。

おしゃれ着洗い用の洗剤で

アクロン(楽天市場)などのおしゃれ着洗い用の洗剤で洗えば、たいていのものは上手に洗いあがる。

面倒なら、これですべて洗ってもよいぐらい。お気に入りの服や高めの服はこれで洗っておけば安全。

靴下紛失に備えて

靴下は、すべておそろいにしておくと楽かも。
干すときも、ペアーでまとめて洗濯ばさみで挟んで干しましょう。

捨てるまえに、酸素系漂白剤

酸素系の漂白剤は、色物でもOKです。少し黄ばんだTシャツなど捨てるに忍びないものを漂白剤をつかってつけ置き洗いするだけで、黄ばみが取れることがあります。

あと、布系のかばんとかそういうものでも、うまくいけばきれいになります。

洗濯機の選び方

一人暮らしでも、設置できる大きさのなるべく大きなものを。洗濯機の場合は大は小をかねます。水などは、洗濯の量に応じて使用されるので、特に問題ありません。

一人暮らしでも大量に洗えると便利なことが多いですよ。

ドラム式の乾燥機付きの全自動は意外と不便です。数年前に使っていただけなので今はかなり改善されていると思いますが、レビューなどをみて確認したほうが良いでしょう。

多くの人は乾燥機がなくても問題なさそうな。除湿機で部屋干しすればよいと思います。

Yシャツはクリーニングに

結局はこれが一番楽。Yシャツも枚数をある程度持っていて、まとめてクリーニングに出せばよいです。
ノンアイロンシャツは、所詮はアイロンがけにはかなわないです。営業マンとかは、クリーニングに出したほうが良いでしょうね。

下着は、洗濯ネットかタオルで囲む

下着類は、男物でも外から見えるのは良くないと思うので、タオルか洗濯ネットで囲んでおいたほうが良いと思う。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。