家電等の取扱説明書の保管方法

1.箱を保管する場合は、取扱説明書と保証書は箱に保管
2.箱を捨てる場合、ない場合は、A4ファイルケースにまとめて入れておく

以前は、A4のクリアファイルにまとめてたのですが紙以外のものがあるとうまく整理ができないので、ケースにただ詰め込むだけの方式に変更。

ケース自体は、100円ショップで買いました。
ただ、家電を処分したときに、こちらもたまに整理して捨てないと、今はない製品の取り扱い説明書とか残りますが、それは気にせずに今はおいてあります。

Amazonでちょと調べてみると、「コクヨ かたづけファイル ガバット取扱説明書ファイル 替紙式 黒 A4-S ポケット枚数…付属10枚 最大約28枚 ラ-YT680D」とか、取説をまとめて整理して保管できる専用のものがあるみたいなのでそういうものを使用してもよいかもしれないなと思いました。

たぶん重要なのは
保管場所を決めておいて、いざというときに探せば見つかるようにしておくことだと思う。
保証書も取扱説明書も、故障したりなにか問題がない限り必要ないので、いざって時に見つからないことが多いので・・・・。


電子ファイル化はたぶん無意味

個人的にはそう思います。
結局、いざ必要って時に探し出せないような気がする。
あと保証書とか領収書(レシート)が別管理になると思うので・・・。

最近は、メーカのサイトにPDFファイルとして取扱説明書がおいていることが多いですけどね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。