Windows8 ReleasePreviewを試してみた。いい感じ。

Windows8 ReleasePreview

ダウンロード先(入手先)
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/release-preview

私は、32ビット日本語版を使用しました。

Vmware Player 5.0

ダウンロード先:
https://my.vmware.com/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/5_0

8/23にリリースされたVMPlayer5.0使用しました。Windows8に対応しているようで、すんなり導入可能でした。Windows8 RPをVMPlayer4で試したときは挫折したんですけどね・・・。

1.新規仮想マシンの作成をクリック
2.インストーラディスク イメージファイル(ISO)で、Windows8 RPのISOを指定
3.自動でWindows8と認識しないが気にしない
4.ゲストOSの選択で、Microsoft WindowsでWindows8を選択
5.あとは、普通に・・・・

VMPlayer上の仮想マシンのHDDの容量は20GB程度あればOK。

VMware Toolsは、Windows8のインストールが終わってからしたほうが無難。
いつでも導入できるので・・・。

Windows8で知っておいた方がよさそうなこと

モダンUIとデスクトップの切り替え、アプリの切り替えとかの方法がわからないので、検索して調べてみると、マウスを画面の四方からはみ出すように動かすと、いろいろできるようです。

左上、 左下が、アプリ切り替えやモダンUIとデスクトップの切り替え
右上、右下が、各種メニュー
各種メニューの中に、スタートとか設定とかがあります。

あと、キーボードのWindowsキー(田キー)でも切り替えができます。

期待できそうな感じ

・明らかにタブレットに最適化されている
・VMPlayer上の動作だと、かなり快適に動作している

Surface タブレットに期待できそうな気はする。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。