秋の訪れと蝶

蝶は、たぶん、「ツマグロヒョウモン」だと思います。

野原や公園などに広く生息し、都市周辺ではヒョウモンチョウの中で最も見る機会が多い。
もともと南方系のチョウだが、幼虫がパンジーなどスミレ類を広く食べることから園芸植物にまぎれて広がった。また、地球の温暖化もこのチョウの隆盛に一役買っている。(ただし北国では冬越しできずに死んでしまう)
http://www.insects.jp/kon-tyotumaguro.htm

飛んでる姿はきれいに見えたのですが、実際写真にとると、ちょっとイメージが違いますね。


コスモス

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。