WordPressの子テーマの作成の仕方

子テーマ - WordPress Codex 日本語版

上記が一番わかりやすく書かれていると思います。


最少構成で実際に作ってみましょう

twentyelevenの子テーマーを作成する手順です

1./wp-content/themesの下にフォルダを作成しましょう。
/wp-content/themes/sample
ここではsampleというフォルダを作成したことにします。
※名前は何でもよい


2.style.cssを作成しましょう
./wp-content/themes/sampleにstyle.cssを作成します。
中身は以下の通り
@charset "utf-8";
/*
Theme Name: テーマの名前
Theme URI: テーマのホームサイトの URI
Description: テーマについての説明
Author: 作者の名前
Author URI: 作者の URI
Template: twentyeleven
Version: バージョン番号(オプション)
*/

@import url("../twentyeleven/style.css"); 
重要なのは、

Template: twentyeleven
@import url("../twentyeleven/style.css");

この2行です。

1つ目は、親のテンプレートを指定します。
実際には親のテンプレートのフォルダ名を指定します。
/wp-content/themes/twentyeleven
に親テーマがあるのなら、「twentyeleven」を書くわけです。

2つ目は、親テーマのCSSファイルを指定します。

これで完成です。

「@import url("../twentyeleven/style.css");」より下の部分に
追記することで、既存のCSSの設定を上書きすることが可能になります。


CSS以外ファイル

style.css以外も作成できます。その場合は、親テーマと同じファイル名(PHP)がある場合は、オーバーライド(上書き、置換)されます。ファイル自体を置き換えたのと同じことになります。


functions.phpだけ例外

style.css と違い、functions.php は同名ファイルでオーバーライドできません。その代わり、親の functions.php に追加して読み込まれます。正確にいうと、親テーマの functions.php の直前に読み込まれます。したがって、もし親テーマの functions.php で favicon_link() という関数があるとき、子テーマのfunctions.php で同名の関数があれば、子テーマの関数が使用されます。
子テーマ - WordPress Codex 日本語版


親テーマが見つかりません

このエラーメッセージが表示される場合は、上記の「2.style.cssを作成しましょう」を見直してください。「Template:」の部分の記述が間違ってる場合が多いです。

ここに書くのは、テーマ(ファイル)が格納されている「フォルダ名」です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。