格安のデータSIM(MVNO)でのバッテリー持ちが悪い問題について

イオン、DTI、IIJ、b-mobileなどのMVNO のデータ専用SIMをdocomoのスマホで利用する場合の問題のようです。格安かどうかは主観なので、タイトルは気にしないでください。

docomo の MVNO のデータ専用 SIM を使う時の注意事項

・電界強度(アンテナ表示)ができない機体(スマホ)がある
・セルスタンバイでバッテリーが異常に消費されて、バッテリーの持ちが悪い機体(スマホ)がある

前者は、ウィジェットで、後者は機内モードにすることである程度?対応可能であるらしい。

問題を簡単に書くと
3Gのアンテナ状態を表示できないために、電波なし(圏外)で常時探しに行くということで、バッテリーが異常消費される機体(スマホ)があるということです。

データ通信自体は、その状態でも問題なく行えます。
携帯で、圏外にいる時はバッテリーの消費が激しいのと似たような感じですね。


原因をもう少し詳しく知りたいんだけど

てくろぐ » アンテナピクト問題・セルスタンバイ問題とは何か」が詳しいと思います


根本的に解決できないの?

問題が起こりそうな機体では利用しないというのが一番でしょうが、そういうことも知らず購入してしまったとかは十分あり得ると思います。

自己責任でメーカ保証外、おまけにガラクタ(レンガ、文鎮、ジャンク、ゴミ)になるかもしれないが、システムファイルを書き換えて対応するという方法があります。root化されてる必要もあると思います。

やり方
ブローヴちゃん: Android + データ専用 SIM での動作修正パッチ
改善報告があった端末
ブローヴちゃん: 「Android + データ専用 SIM での動作修正パッチ」動作報告リスト



【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。