購入前に、「Windows 8 Enterprise 90 日間評価版」を試してみる

Windows8を購入する前に、どんな感じなのか、持っているソフトが動作するかを確認したくて、評価版をDLしてVmware Player にインストールしてみました。

OSの操作とソフトの動作確認なら、仮想環境(Vmware Player)で十分でしょう。

Windows 8 Enterprise 評価版のダウンロード

ダウンロード先URL:
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/hh699156.aspx

今回は、64ビット日本語版を使用しました。

ダウンロードには「Microsoft アカウント」が必要。
HotmailとかSkydriveとかで使用しているIDで、無料で新規登録可能。

ダウンロードも無料です。

Vmware Player 5.0

ダウンロード先:
https://my.vmware.com/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/5_0

Vmware Player 5.0にインストールする方法

1.新規仮想マシンの作成をクリック
2.インストーラディスク イメージファイル(ISO)で、Windows8 評価版のISOを指定
3.ゲストOSの選択で、Microsoft WindowsでWindows8を選択
4.あとは、普通に・・・・

・OSの選択は、64ビットと32ビットの区別があるので注意
・簡単セットアップ(自動インストール)は試したが、途中でエラーなるので使えない


Windows8評価版のインストールの要点


1.PCへのサインインのところで、次へボタンを押さずに、下にある「Microsoftアカウントを使わずにサインインする(W)」をクリック。
2.次の画面で「ローカルアカウント」でログインを選択

あとから、Microsoftアカウントと関連付けることが可能だとおもうので、今回はこの設定でセットアップ。
ストア利用には、Microsoftアカウントが必要だが利用時にログイン画面が出てくるのでその時に入力すればOK。

便利に使うために


Vmware Player のメニューバーのPlayer->管理->VMtoolsインストールで、VMtoolsをインストールしてください。
ホストOSとシームレスに、コピー&ペーストなどができるようになります。

Windows8のモダンUIの操作の基本

マウスで操作する場合

・マウスカーソルを右上(または右下)画面からに突き出るように操作すると、右側に縦のメニューバーみたいなのが出る
・アプリの中で、右クリックすると上下にメニューバーが出てくる
・マウスホイールを動かすと、横スクロール。
(文章で書くと違和感があるが、実際には縦に回して横にスクロールでも違和感ない)


ストアで無料のマンガを読んでみた


ストアをのぞいてみると、無料の雑誌とかマンガとかあったので、漫画を読んでみました。


スタートメニューないんだけど


・フォルダアイコン(エクスプローラ)から、Windows7ではコントロールパネルにあった機能を呼び出せる
・デスクトップにショートカットはおける
・タスクバーにピン止めできる(Windows7では、タスクバーに表示?とか言っていた機能)

まあ、スタートメニューなくてもそんなに困らないかなとは思うんだけど。

もう少し使い込まないとわからないけど

今までのWindowsと同じで、新UIに逆らうようなことをすると使い勝手が極端に悪くなるとは思う。
今回のUIなんだけど、どうでしょうね・・・

ライセンスの期間延長の方法

管理者権限で、コマンドプロンプトから
c:\>slmgr -rearm
上記の様なコマンドを打つと1回だけ延長可能らしい。

90日+90日=180日間、評価できるということですね。


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。