充電式の「あったかカイロ」を購入してみる

※クリックすると画像が大きくなります

丸隆 充電式あったかカイロ MA-564(ホワイト)

・弱運転:約38度 3時間
・強運転:約41度 2時間
・消費電力 3W
・1800mAh (ニッケル水素NiMH)
・充電時間 約3.5時間
・充電回数 500回
投げ売り価格(300円)で売っていたので、購入しました。
・本体
・USBケーブル(ミニUSB5ピン)
・USB-ACアダプター (500mAh)
で、300円なんです。


で、やっぱり予想通り、微妙で、買うべきではないと。

かじかんだ手を温めるのには向きません。
仕様どおり、1分ぐらいで40度ぐらいになるのですが、冷たい手で触れば一気に冷えて、温かさが継続しないんです。
それだけの熱量を発生してないということですね。

冷たい外気に触れない感じで保温みたいな感じで利用するのなら、ほのかに温かいのが継続します。裏面は、アルミニウムでここが温かくなります。

結論は、使い捨てカイロがもったいないとしても、使い捨てカイロのほうがすぐれているという感じですね。使い捨てカイロがもったいないのなら、白金カイロを購入したほうが良いかもと個人的には思いました。

Amazonのレビューを見る感じでは、エネループのものもたいして性能が変わらないように思います。
検討してる人はレビューなどを冷静に見たほうが良いと思います。

ニッケル水素NiMHの場合、それほど熱量を発生できないのか、それともあまり熱量を発生させると構造上電池にも熱が伝わるので不味いのかわかりませんが・・・。

結局分解してみた

充電式の「あったかカイロ」を分解してみた

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。