Windows8への誤解、Ultrabookを実際に使ってみてわかったこと

パナソニック Let's note AX2 (CF-AX2QEGJR)を使用して評価しました。
この機種は、Ultrabookというノートパソコンなのですが、画面を折り曲げてタブレットでも使用できるというものです。

実際、デスクトップの横に立てかけて使ってもいい感じでした。タブレットとして使用するときは、横・縦両方使えますし、画面は自動回転します。

【関連リンク】
MSN Windows 8特集サイト
Microsoft Facebookページ
Microsoft Twitterアカウント

Ultrabookを使用する前の話

購入前に、「Windows 8 Enterprise 90 日間評価版」を試してみる」で少し以前に少し触ってみたのですが、やはりタッチパネルがないと良さがわからないなと思ってました。

「Vmware Player 」と「Windows 8評価版」で、現在の環境を壊さずにお手軽に試すことは可能ですので、興味ある方は上記記事を参考にどうぞ

タッチパネルは使いやすい

ノートパソコンでもタッチパネルがついてると快適です。ブラウジングや動画をみるなどの閲覧・参照系の時は便利ですね。あと人に見せながら、何かをするときも便利です。

新しいモダンUIの時でなくても、従来のデスクトップ表示の時でも、タッチパネルは便利です。11.6型(1366×768ドット)で使用してますが、閉じるボタンをおすのも、ブラウザーのリンクをタップするのも普通にできます。

横になりながら、動画鑑賞していて、次に見るのを選ぶのに、タッチパッドやマウスを操作するより、やっぱりタッチパネルのほうが楽です。また、ブラウザでWEBサイトをみるのも、ノートパソコンだけどタッチパネルで操作したほうが私は楽でした。

確かにモダンUIの時のほうがタッチしやすいですが、このぐらいの画面サイズと解像度なら普通のデスクトップでもほぼ問題なく操作できます。メニューを選んでとか、エクスプローラーでファイルを選択とかそういうのも普通に可能です。

タッチパネルを使わなくてもそれなりに便利

ノートパソコンの場合、タッチパッドがついている場合が多いと思います。私はタッチパッドが苦手でマウス派だったのですが、Window8のタッチパットは非常に便利だと思いました。

タッチパネルと同じような操作(ジェスチャー)を行うことができるのと、2本指、3本指を使うなどで簡単にいろんな操作が可能になっています。
参考:
タッチパッドでWindows8を便利に使う方法 【ジェスチャー】

お絵かきが楽しくなった

タッチパネルなので、指で線を引いたりできるので直観的で描きやすいですね。iOSやAndroid用のタッチペンも使えて、それを使うともっと快適です。

Windows ストアやWindowsストアアプリはこれから期待できるかも

App Store(iOS)やGoogle Play(Android)のように、Windows ストアというものがあって、ここからソフトを探してインストールすることが可能になりました。

上記のお絵かきにつかたソフトは、ストアで配布されている「Fresh Paint」というソフトです。
Windowsストアで配布されているソフトは、Windows8でないと動作しないアプリです。

MS Officeが使える安心さ

Windows 8では、新たなインターフェースに対応したアプリケーションしか動作しないのではないかと誤解している人も多い。マイクロソフトでは、Windows 7で使用しているほとんどのソフトウエアと互換性があるとしており、Microsoft Officeに関しては、Office 2007、Office 2010、そして来年発売予定の次期Office「Office 2013」も利用できる。なお、特定のアプリケーションやデバイスの互換性については、Windows 8互換性センター(関連情報)で確認することができる。
Windows 8の8つの誤解 - デジタル - 日経トレンディネット

MS Officeが使えるというのはポイントが高いですね。
私が評価したUltrabookは、MS Office 2010がプレインストールされていたので、そのまま使えました。

また、多くのUSB機器が使用できる、SDカードを直接読み書きできる、多くのアプリが動くとかそういうのがやっぱり安心ですね。ただ、何でもできるがゆえに、犠牲になっている部分もあろうかと思います。

起動がスマートフォン並みに早い

Windows8に最適化されたマシンでは、起動が早いです。

電源オンからの純粋な起動時間は20秒程度でした。
通常はスリープみたいな感じで使用すると思います。その時は電源ONをすると5秒かからずに画面がついて使用することが可能でした。


Windows8の良さは、使い込むとジワジワわかる感じだと思う

Windows8自体は、新しいユーザーインターフェースであるモダンUIを導入されたのと、スタートメニューが廃止されて、いろいろ不便だとかいう人も見かけます。実際、従来のやり方を押し通そうとすれば不便だと私も思います。

ただ、新しい操作方法や使い方に慣れれば、そんなに問題ないのではないか?と2週間ぐらい使い込んで思いました。スタートメニューはなくても、私は大丈夫そうです。

「チャーム」->「アプリ」でほぼ問題なく使えそうですし、タスクバーにピン止めとか、デスクトップにショートカットとかで十分かなとか思います。

横スクロールが楽しい

Windowsの場合、今まで横スクロールするものって少なかったのと思うのですが、この横スクロールという感覚と見せ方が良いと思います。

WEBページも横スクロールで見せる時代が来たら楽しいだろうなと個人的には思いましたが、そういう時代が来るかどうかはわかりません。

何が変わったのか?

快適さ、カジュアル感が以前と違うんだと思います。

Windowsの場合、今まで実用性が最優先される感じでしたが、実用性にも快適さやカジュアル感が付加された感じがあります。

WEBを見るのも雑誌を見る感覚で見るようになったし、動画とかもくつろぎながら見るようになったということです。以前と同じ行動をしてるのに、快適だという感じですかね。

今まで座ってTVを見ていたのが、ごろ寝してTVを見るようになったような感じだと思います。同じTVを見るという行為は変わりませんが、明らかに違いますよね?

注意事項

Windows8の場合は、メーカーや機種によっていろいろ違うという多様性があるので、目的にあったものを選べればかなり良い感じになると思います。タッチパネルは、あったほうが良いと私は思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。