「なぜブログを書くか」を考えるのは、僕はやめてしまったけど…

下手の考え休むに似たり

なぜ生きるのかを考えるよりも、こういうことをしてみようとか、こういう風に生きてみようとかそういう風な考え方のほうが生きやすい感じがします。

それと同じく、なぜブログを書くのか?と考えてみるより、ちょっとこういうことをしてみようとかいう感じの方が結果としてよいのではないかと思うわけです。

性格によると思うので、ちゃんと考えられる人は、考えることは良いことだとは思います。しかし、理屈っぽい人ほど、考えないほうがよさそうに思います。

新鮮な感じがしたので・・

最近、「なぜブログを書くか」ネタをちょくちょく見かけるので、成人の日に合いそうなので書いてみることにしました。

・なぜブログをはじめたのか?
・なぜBloggerだったのか?
・ブログでなにがしたかったのか?
・ブログの楽しみとは?
・なぜカスタマイズしたくなったのか?
・ブログ運営で自分がつまずいていることはなにか?

それらを考えているうちに、だんだんとブログをやめたくもなりました。
それでもやっぱり続けようというところに落ち着きました。
今年はBloggerブログ、再出発しようかな。と、なんとなく思うだけでは絶対にやらないとわかっている自分を変える1年にしようと思う…だけでは、絶対に(ry | Bloggerぶろっがー(仮)

なぜブログをはじめたのか?
HTMLでコツコツサイトを作るよりも簡単でいいものが作れるとか、普通の人でもブログで人気者になれるとか、そういう話に、現状の満たされない気持ちが反応してしまったから。3日で挫折したけど・・。それも数回。

なぜBloggerだったのか?
アダルトサイトを見ていて、なんとなく使いやすそうな感じだなと思って調べてみたら、Bloggerというものを使っていたから。意外なところに情報が落ちてました(苦笑)。どんなサイトでも見てみることが大事ですな。

ブログでなにがしたかったのか?
小遣い稼ぎ

ブログの楽しみとは?
どうせ、誰にも読まれないだろうなと思った記事が読まれていたり、何かの反応を返してくれた時が楽しいかもしれない。

その次に、記事で紹介したものやその系統のものが売れていたとき。この場合は金額はあまり関係なくて、売れたことに対する驚きとうれしさの混ざった感情で支配されていると思う。

記事が引用されていたり、TwitterにURLが流れてたりするのも、ちょっとうれしいかも。

こうして書いてみると、ささやかな幸せと似てるなと思った。

なぜカスタマイズしたくなったのか?
一般受けするには、見た目が大事だと思うので頑張っているが、もともとデザインとかそういう方面にはセンスがなく疎いので、だれか無料で手助けしてほしいと思っている。

ブログは内容が大事で、テキスト文字とシンプルなデザインが良いなんて、僕は思えないから。

ブログ運営で自分がつまずいていることはなにか?
・人との交流が皆無なこと
・固定客が少ないか、ついてない感じがすること
・自分自身の考えや意見をブログにかいても、誰にも読まれない状況であること
・記事の内容に否定的な反応を示す人達の私なりの対処方法がない
・なにか、もう少し劇的?な変化がほしい
・力をいれて書いた?記事が、ほとんど誰にも読まれずにスルーされてるとか・・・
・本の献本とかもないし、商品もおくられてこないこと(汗)

スポンサーリンク

『「なぜブログを書くか」を考えるのは、僕はやめてしまったけど…』へのコメント

  1. 名前:クレーマー&クレーマー : 投稿日:2013/02/14 23:49

    はじめまして。私も「なぜブログか」というタイトルでブログを書いています。

    私は、子供がいません。ですので、自分の生きた証を子供に託すという事ができません。そのため私は、ブログに思いを綴ることによって生きた証を残す選択をしました。

    本を書くという手段もありますが、それだとかなりの費用が掛かります。しかし、ブログだと費用は掛かりません(有料のブログサービスは別)。しかも、ブログの場合は何らかの反響を得ることもできます。

    反響を得ることで、現実の世界では成立しない人間関係を作ることができます。このメリットは大きいと思います。

    私はブログのいいところは幸せの連鎖にあると思っています。共感するコメントをすることで貰った側は幸福感を味わいます。そしてそれが、さらに大きな連鎖を生みます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。