フェリーの「さんふらわあ」の食事について

さんふらわあ

http://www.ferry-sunflower.co.jp/

大阪-別府の「さんふらわあ こばると」に乗船しました。

旅行に行く前に食事の内容が検索しても見つけにくかったので書いておくことにしました。
ただ、料金がうろ覚えです。すいません。

食事

夕食
カフェテリア方式(セルフサービス)で、1品ずつ選んで最後のレジのところで会計(先払い)です。

日替わりがあって、写真3枚目(ご飯、味噌汁付き)で1000円です。しかし日替わりは数に制限があって、乗船後30分程度で売れきれるみたいです。

・ご飯(中)200円(?)
・豚の角煮 500円 (写真2枚目)
・すき焼き風煮込み 500円 (写真1枚目)
・豚しゃぶサラダ 380円(?)
・魚の煮つけ 280円(?)

?とついてるのは記憶が不確かです。
味は、マトモです。

朝食
和定食で500円ぐらいでした。
パンとかもあります。

食堂
雰囲気もよく、落ち着いて食べれます。
窓側の席もありますが、特に良い景色がみえるとかそういうのは夜ということであまりないのでこだわる必要はないかと思います。冬場だったので、暖房が利いていても窓際は寒いです。冬場はお勧めできないです。

食べ終わっても、特に追い出されるということもありませんが、営業時間が予定よりも早めに終わったりするので、その時間になれば出て行かないとダメですが・・・。

あと、1品物を取った時に、温める必要がありそうなものは温めましょうか?と店員が聞いてくれてレンジで温めてく出ます。もちろん、聞かれなくても頼めば温めてくれます。

1品物でも、人気あるものからなくなっていくので、乗船したらすぐに食堂に行った方が良いでしょう。


食堂を利用しない方法

お弁当やカップめんなどを船内に持ち込んで食べている人たちもいました。展望通路(写真)のところと、ラウンジのところで食べている人がいました。(持ち込みで、食堂利用は無理。)

ツーリスト(タコ部屋?)でも食べても問題なさそうだけど、部屋にほとんどいなかったのでわかりません。食堂が一番快適で、食事を食べた後、営業が終了するまでの多くの時間をそこで過ごしました。

お湯は、給湯室?で無料で使えます。
船内にも売店があって、カップめんなど売ってますが、カップめんは定価150円ぐらいのが200円ぐらいで販売されてました。売店は、船内価格です。

おにぎりとかお弁当とかは売ってなかったです。

乗り込む前に買う
大阪の乗り場の待合室は、トレードセンター前のATCビル内にあります。待合室近くに、コンビニ(ローソン)とダイソーがあるので、このあたりで買うことは可能です。

別府港の方は、時間ぎりぎりであまり見てないのでわかりません。

大阪(ATC)の方は、早朝(7:00頃?)についた場合にビル内の店があいてないので食事ができないです。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。