書き損じの年賀状や未使用の年賀状は、郵便局で交換できる

追記:2015/01/23
書き損じ、未使用の年賀状 合わせて11枚ある時ですが、

52円の年賀状なら、
52円-5円(交換手数料)=47円分の価値

47円x11枚 = 517円です。

レターパックプラス(510円)+1円切手7枚に交換可能です。

手数料の扱いなんですが、現金で別途払うことも可能なんですが、そこ(年賀状)から払いますといえば、上記のような計算で処理してくれます。

年賀状は、数年前でも、未使用(書き損じも含む)なら交換に応じてくれます。
はがきは、1枚5円の手数料と現状なっているので、額面から5円引いた価値があります。

× 普通のはがき ->年賀状
× 去年の年賀状 -> 今年の年賀状

上記の様な交換はできません。また交換には手数料(1枚5円?)がかかります。
年賀状は、去年だけでなくて、もっと古くても交換してくれます。

古い年賀状で未使用とか書き損じでも交換可能です。
年賀状の書き損じは、宛名とかを見てチェックはしてると思われます。

レターパックなどにも交換してくれます。その時手数料は現金で支払う必要がなくて、持参した交換予定のハガキなどを手数料に充てることも可能です。手数料もコミで、出来る限りハガキに交換して残りを切手にとかも可能です。

年賀状は、そのままハガキとしても使えるらしいですが、さすがにそのまま使うのは支障があるので、くじの当選発表が終わってから交換しに行っています。

書き損じのハガキや貼り付けた切手でも、交換してもらえる

手紙やはがきに貼ってある切手は交換できますか?
汚れたり、破れたりしていないものであれば所定の手数料にて交換させていただきます。
手紙やはがきに貼ってある切手は交換できますか?
汚れたり、破れたりしていないものであれば所定の手数料にて交換させていただきます。
手紙やはがきに貼ってある切手は交換できますか? - 日本郵便


回答がばらばらでしたのでお客様サービスセンターに聞いたところ、台紙に張っていても、消印が全くないなら、未使用とみなし、交換可能だと言うことでした。
郵便局での切手の交換についてです。 - 家に高額切手(500円~100... - Yahoo!知恵袋


消印がないものは、未使用扱いで、交換手数料を支払えば交換可能

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。