ブログのCopyright(コピーライト)の年を自動で更新させる方法

Javascriptを使用する方法です。

サンプルの動作

■2011年度の表示
Copyright© 2011 ブログの名前 ALL Rights Reserved.

■2013年度の表示
Copyright© 2011- 2013 ブログの名前 ALL Rights Reserved.

以下に示すサンプルコードの動作は上記のようになります。
一度組み込めば、自動で年号が更新されていくという仕組みになってます。

サンプルコード

<script type="text/javascript">
function cr_year(yyyy) {
  var data = new Date();
  var now_year = data.getFullYear();  
  if(yyyy != now_year){
   document.write("- "+now_year);
  }
}
</script>
Copyright© 2011
<script type="text/javascript">
cr_year("2011");
</script>
 ブログの名前 ALL Rights Reserved.
・2011の部分は開設した年に置き換えてください
・ブログの名前は、自身のブログの名前にしてください。

※注意
©と書くと©と表示されます。


Blogger用のサンプルコード

<script type="text/javascript">
//<![CDATA[ 
function cr_year(yyyy) {
  var data = new Date();
  var now_year = data.getFullYear();  
  if(yyyy != now_year){
   document.write("- "+now_year);
  }
}
//]]>
</script>
Copyright© 2011
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
cr_year("2011");
//]]>
</script>
 <a expr:href='data:blog.homepageUrl'><data:blog.title/></a> ALL Rights Reserved.
・Bloggerの場合は、Javascriptを組み込むときは、CDATAみたいなのを入れたほうがよい
・ブログ名は、Bloggerのテンプレートタグを利用して取得

補足
data:blog.title、data:blog.homepageUrlの部分が、テンプレートタグなのですがこの部分が上手く動作しない場合は、
<a href='http://blog.example.com'>ブログ名</a>
のように直接HTMLで書けばよいかと思います。
http://blog.example.com はブログのTOPのURLです。

WordPressの場合は

■Blog Copyright (BC)
WordPress › Blog Copyright (BC) « WordPress Plugins

プラグインを使うと簡単かも

スポンサーリンク

『ブログのCopyright(コピーライト)の年を自動で更新させる方法』へのコメント

  1. 名前:ふりむけばコウホウ : 投稿日:2013/04/07 17:34

    すごく便利でした。ありがとうございます。使わさせて頂きました。
    http://www.furimuke.com/2013/04/blogger.html

  2. 名前:universe : 投稿日:2013/05/14 06:33

    KUROさん、
    いつも貴重な投稿参考にさせて頂いておりますm(__)m。

    今回のCopyrightの年数を自動更新を自分のブログにも導入したく要素の検証などを用いて、
    いろいろ試行錯誤しました。
    要素の検証ではCopyrightの部分があるのですが、
    HTML編集画面ですと、
    Attributionガジェットの部分にCopyrightと書かれた部分はなく、
    ここかなぁ…。
    と思われるところに
    KUROさんの記載されたBlogger用javaコードを挿入しても、
    うまく表示されません(>_<)(´;ェ;`)ウゥ・・・

    いったいどこに挿入したら良いのか…。

    お忙しいところ大変恐縮ですが、
    教えて頂けますでしょうかm(__)mm(__)m

    何卒よろしくお願いします。≦(._.)≧

  3. 名前:管理人 : 投稿日:2013/05/14 07:16

    コメント&ご指摘ありがとうございます。

    1.記事のソースの間違い
    ■修正前
    <data:blog.title></data:blog.title>

    ■修正後
    <data:blog.title/>

    2.HTML/JavaScriptガジェットを追加しての確認方法
    <data:blog.title/>を某氏の猫空のように置き換えてから
    HTML/JavaScriptガジェットに追加して見てみてください。

    この方法で良いのなら、このHTML/JavaScriptガジェットを移動することで対応できるかと思います。

    3.<data:blog.title/>のままの追加方法 -その1
    テンプレート->「バックアップ・復元」を使用して、テンプレートをダウンロードして、それを編集。
    ガジェットとか関係なく、表示させたい位置に、コピペ。

    ファイル直接編集だと、ガジェット内でも.<data:blog.title/>が動作するかと思います。
    HTML編集画面だと、ガジェット内に書いた場合、.<data:blog.title/>が動作しないようです。

    4.<data:blog.title/>のままの追加方法 -その2
    HTML編集画面だと、以下の下あたりに挿入するとよいかと思います。
    <div class='footer-cap-bottom cap-bottom'>

    ※動作確認済み

    5.Attributionガジェットは使用してません。
     私は削除しています。
     

  4. 名前:universe : 投稿日:2013/05/14 19:16

    管理人様
    早速の返信、及び4つもの方法を記載して頂き誠にありがとうございます。

    まずは5のAttributionのWidget内ではなく、
    HTML/JavaWidgetを追加しての前提だったことがわかりませんでしたm(__)m
    ので、
    早速、2の方法にて記載のコードを記述してWidgetを追加したのですが、
    ブログタイトルでリンクされているようなのですが、
    その部分をクリックできず(マウスオーバーでは変色しますが)、
    諦めました。

    3の方法にて、バックアップデータを直接ファイル編集して表示させたい部分(HTML編集画面と同じ位置に)にコピペしアップロードしたのですが、
    やはり表示されませんでした。
    のでこちらも諦めました。

    結局4の方法にて直接HTML編集画面にてWidget外のfooter近くに挿入しました。

    何となくAttributionを削除したくなかったので、
    4の方法にしました。

    Attributionを削除してもいいかなぁと思った時に、
    再度、HTML/JavaWidgetの追加にて
    自動更新javaを試したいと思います。

    この度は、
    データ移行中の多忙の中ありがとうございました。

  5. 名前:universe : 投稿日:2013/05/14 20:09

    度々のコメントすみません。m(__)m

    Attributionを削除せず非表示にし
    +powered by Blogger.を入れてとりあえずの対応にしました。

    コードはこんな感じにしました。


    //

    Copyright© 2007

    //

    All Rights Reserved.Powered by Blogger.


    ありがとうございました。
    m(__)m

  6. 名前:管理人 : 投稿日:2013/05/15 08:38

    >早速、2の方法にて記載のコードを記述してWidgetを追加したのですが、
    >ブログタイトルでリンクされているようなのですが、
    >その部分をクリックできず(マウスオーバーでは変色しますが)、
    >諦めました。

    data:blog.homepageUrl もテンプレートタグなのでこの部分が動作していないと思います。

    <a href='http://blog.example.com'>ブログ名</a>

    のようにハードコーディングすればとりあえずは良いかと思います。

  7. 名前:universe : 投稿日:2013/05/16 00:01

    はい。
    ありがとうございます。

    アドバイス通りにしてガジェットにて動作確認しました。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。