Mac OSXで開発元が未確認のアプリをインストールする方法 【開発元が未確認のため開けません,Gatekeeper】

原因

アプリをクリックしたときやインストールするときに「開発元が未確認のため開けません」と出るのは、Mac OSX 10.8(OS X Mountain Lion)から導入されたGatekeeper機能は働くためです。

解決方法

お勧めは、個別アプリ毎に許可する方法です。
個別アプリ毎に許可する方法
方法1 アプリのアイコンをを右クリックして開くを選択
方法2 Controlキーを押したままアプリのアイコンをクリックして開くを選択

どちらの方法でもよいですが、そうすると確認画面が出てきますので、「開く」を選択するとOKです。

このやり方は、開発元の未確認のチェックの設定する画面でこういう方法もありますよということをMacくんが親切に教えてくれた方法です(^^)

Macの場合は、Controlキー+クリック=右クリックだと思われます。

参考: アプリケーションの起動またはインストールを行うと「開発元が未確認のため開けません」エラーが表示される(Mac OS X 10.8)


すべてのアプリで開発元の未確認のチェックをしない方法
「システム設定」->「セキュリティーとプライバシー」のところで設定できます。
下の方の鍵マークをクリックして変更できるようにして、「すべてのアプリケーションの許可」を選択します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。