「SLIK ミニ三脚 S-POD 」と100円ショップのミニ三脚と比較してみた

「SLIK ミニ三脚 S-POD 」が100円ショップで販売されている「mini カメラスタンド」とどの程度違うのかを前から興味あったので、ヨドバシカメラに「SLIK ミニ三脚 S-POD 」を触りに行ってきました。

「SLIK ミニ三脚 S-POD 」は、持った感じが重いです。カタログでは110gです。作りもしっかりしていて、1000円しても、まあそんなものかなと納得できる作りの商品でした。やはり、実際触ってみないとわからないものですね。

100円ショップの方は実際に購入してみました。軽いです。裏面には34gと書かれています。強度はそこそこありそうですが、雲台と足との付け根部分、雲台の上についているカメラ台の部分の強度が微妙で、このあたりは壊れそうです。

カメラ台も自由に方向を変えれて、横のネジを締めて固定できるのですが、この部分も強度が心配な感じです。

しかし100円ですし、高さとか機能的にもそこそこ便利な感じです。

値段相応な感じなんですが、どちらの商品も使い勝手はよいと思います。100円の方は耐久性がないだけだと思います。


角度は自由に設定できて、固定できる

脚の部分も伸びるので、動画で自分撮りとかそういう感じのことも可能でした。あと脚の部分をもって、上の方から撮影とかそういう感じでも使えます。

脚の部分も握りやすいです。


小さいが、高さはそこそこあると思う

寸法:
開脚高(脚縮長)/約12㎝ :開脚高(脚伸長)/約17㎝
閉脚高(脚縮長)/約14㎝ :開脚高(脚伸長)/約20㎝

耐荷重
約300g

LUMIX(DMC-FX90)というコンデジで、ネジ穴が端の方についていますが、特に何もしなくても三脚が倒れたりはしませんでした。

カメラのストラップヒモの長さは、約20㎝なので目安にしてください。

100円ショップのミニ三脚の中では、マトモすぎると思う

写真にある赤色のミニ三脚も100円ショップで見かけるとおもいますが、こっちは使いづらいです。

高さが足りな過ぎるのと、角度の調整が決まった位置でないとできないのと、脚の部分を手で持って上から撮影とかでも足の部分が横幅が広めになり握りにくいとかです。

左側の三脚は「脚を自由に曲げられる デジカメ用 フレキシブル三脚 (Sサイズ)」というものですが、便利なんですが意外とかさ高くて、ポケットに入れたりしにくいので、私には今一つでした。

参考記事:ゴリラポッドもどきのカメラの三脚を使ってみた 【くねくね三脚】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。