独自ドメインが使えて、無料でWordPressが運営できる「WPblog(旧 PHP APPS)」がお勧め

2014/3から、PHP APPSから、WPblogに名称変更になりました。
また、広告が、ヘッダー部(細いバー表示)とフッター部(テキスト広告)に変更されました。

ヘッダー部分の広告は、位置を変更することも可能です。
参考:サポート/WordPress無料レンタルサービス!WPblog

PHP APPS

PHP APPS
http://www.phpapps.jp/

スタードメイン」や「ミニバード」を運営しているネットオウル株式会社さんが無料で提供しているサービスです。意外とこれがお勧めかもと思います。

+PlusOneWorld | 今井阿見のブログ」さんが使用してるようなので、これは行けるのではないかと私も「お部屋でモバイル」というサイトをこちらに移してみました。

引用先のブログは、そんなにPVが少ないわけはないと思うので、行けると個人的には判断しました。

「PHP APPS」を使用してるかどうかは、ページの一番下に1行のテキスト広告が出ていて、「Powered by PHP APPS」と表示されれば、使われてると判断して間違いないと思います。

無料のレンタルサーバーや無料のブログはいろいろありますが、Wordpressを使いたい路線なら「PHP APPS」が良いと思いますよ。


無料で使うための制限

ページの一番下に、1行のテキスト広告が自動で入ります
こういうのです。

FTP機能を有効にすると、ヘッダー部分(上)に画像の広告がはいります
しかし、FTP機能を使わないときは無効にすることができ、無効の時は表示されません。

サイト立ち上げ時以外にFTPを使う機会なんてあまりないと思います。
また、「FTPの代わりにWordPressのプラグインを使うと便利 【WP-FileManager】」のように、WPのプラグインを導入しておけば、FTPがなくても困りません。

お勧めポイントと注意点

WordPressのインストールは必要ない
インストールは、意識する必要がない。開設するとインストールされた状態になっているという感じで、ブログサービスとしても利用が可能だと思います。

独自ドメインを割り当てられます
スタードメイン」以外のところでも問題なく設定できます。

私はお名前comから設定しました。ネームサーバーのレコードに以下を追加する程度で使えるようになります。
mobile.example.com A サーバーのIP
もちろん、独自ドメインがなくても使えます。「サイトID.phpapps.jp」のようなURLになります。

WordPressの高速表示対応しています
WordPressのキャッシュプラグインに相当するものが標準で入っています。「Phpapps Accelerator」という名前のものです。キャッシュプラグインの設定は意外とはまりがちなので、標準で入ってるのは初心者にとってもよいかなと思います。

※逆に他のキャッシュプラグインを導入すると問題が起こる可能性はあります。

一人(1アカウント)で5サイトまで運営できます
5サイトとも独自ドメインを割り当て可能です。それも全然関係ない独自ドメインが5つでも問題ありません。

プラグインは自由に追加できます
テンプレートも好きなものが使用できます
アフェリエイトOK
特に禁止されていません。

高速表示(キャッシュ)機構での注意点

表示がキャッシュされるので、Wordpressの他のキャッシュプラグインと同じ問題を抱えているようです。

・記事投稿・編集で記事が更新される ->OK
・コメントが投稿されて記事に反映される ->OK

この2つ程度はOKなようです。

たとえば、CSS(スタイルシート)を書き換えてFTPでアップロードしたけど、反映されないとかそういうことがあります。この場合はいったん違うテンプレートを指定して、再度テンプレートをもとに戻すと反映されます。

また、PS Auto Sitemapプラグインとかで、自動でサイトマップをページに表示している場合は気を付ける必要はあります。この場合も、ページを編集して更新したタイミングで書き換えられるので、意識する必要があります。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。