未成年(18歳未満)がGoogle AdSense で広告収入を得るには?

AdSenseの申し込み

18 歳未満のユーザーも AdSense に申し込みできますか?
AdSense の利用規約に記載されているとおり、AdSense プログラムに参加するにはサイト運営者様の年齢が 18 歳に達している必要があります。

18 歳に達していない場合は、保護者の Google アカウントを使用してお申し込みを送信してもらってください。保護者のお申し込みが承認された場合、お支払いはすべてサイトの責任者である保護者の方に対して行われます。
年齢に関する要件 - AdSense ヘルプ

未成年(18歳未満)は、アドセンスに登録できません。ヘルプに書いてあるように、親(保護者)にGoogleアカウントを新規に作成してもらって、親のアカウントでアドセンスの登録をするしかないようです。もちろん、お金は親名義の銀行口座にしか振込できません。

未成年は、親の管理下(責任下)で活動しているという認識になるかと思います。

けじめをつける意味でも、責任の所在をはっきりさせるためにも、親のアカウントと自分自身(子供)のアカウントは別にすべきです。また別々でも困らないようになってることは、この記事の後半を読めばわかるかと思います。

※実際やったことがないので詳細はわかりません。
※審査条件や登録条件は昔?と変わってることがあるので、ブログなどでネットで流れている情報は役に立たないこともあります。

未成年がYoutubeで広告収入を得るには?

Youtubeで広告収入を得られるという話題がTVでも結構見かけますね。

自分自身のYoutubeアカウントで動画公開して活動していても、親のアドセンスと関連付けることが可能です。

親のアカウントでYoutubeも作成しないとダメだということはないわけですね。

参考:
YouTube パートナー の申し込みが上手くいかない方へ

ブログで広告収入を得るには?

こちらはYoutubeと違って簡単で、親のアドセンスの管理画面で作成した広告タグを貼り付けるだけですね。

Google Bloggerを使用している場合は、設定箇所にアドセンスアカウントとの関連付けという部分があるので、これを親のアドセンスアカウントに設定します。

もちろん、設定した後に、親側のアドセンスアカウントにメールが行くので、クリックして承認してもらわないとダメです。

Google AdSense アカウントは大事にしましょう

禁止されてることや不正行為をすると、剥奪(はくだつ)されます。2度と取得できません。

実際のところは不明ですが、剥奪されたケースでは、家族の名前で再度とるとかいうのも無理になってることがあるようです。

親の信頼を裏切らないようにしましょう。

なぜ、未成年者には制限があるの?

未成年者は、成年者と比べて取引の知識や経験が不足し、判断能力も未熟です。
そこで、未成年者がおこなう契約によって不利益をこうむらないように、法律で保護されています。民法で「未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は、取消すことができる」と決められています。

未成年者契約 | 東京くらしWEB

未成年者を守るためです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。