「SUBARU : スバル アイサイト総合サイト」は未来を感じさせる


昨今、クルマの先進技術の中で普及が目覚ましい「プリクラッシュセーフティシステム」。車内に搭載したカメラやレーダーなどで先行車や歩行者、障害物を感知し、衝突に備える機能だ。これには技術者達の多大な努力が払われ実現に至っているが、とりわけ SUBARU の先進運転支援システム 「アイサイト」は“事故を起こさない”ための様々な機能が備わっており、利用者からの信頼も厚い。また、他車システムよりも高い知名度を誇り、SUBARU 車の販売台数の押し上げにも大きく貢献しているようだ。
「ぶつからないクルマ」が何故うける?--SUBARU 「アイサイト」から見る最新の運転支援システム事情 (1/2) - インターネットコム

最近の車は、安全性を高めるために、いろいろなシステムが導入されています。そのうちでも、今話題のSUBARU 「アイサイト」は興味深いと思います。

【アイサイト4つの特徴】
■プリクラッシュブレーキ
前のクルマに接近しすぎたり、歩行者や自転車を見落として、あわや衝突事故! 危険を予測し、衝突を回避する

■全車速追従機能付クルーズコントロール
先行車が停まると、それに続いてブレーキ操作をしなくても 停止します。発進もスイッチひとつでOK

■AT誤発進抑制制御
他のことに気をとられて手元を確認せずに シフトレバーを操作したり、急いでいて慌ててペダルを踏んだり。 そのような事故の防止もしくは被害の軽減を図っています。

■警報&お知らせ機能
車両のふらつきや車線からの 逸脱を検知するとそれをドライバーに知らせて 回避操作を促します。
全車速追従機能は、便利だと思いますね。長時間運転で、疲れるとブレーキを踏むのが遅くなりがちな渋滞の時に、ひやっとすることが過去1度だけあったので。あと、プリクラッシュブレーキ があると、精神的に余裕ができて、そのことが逆に安全運転につながりそうです。個人的に、どんなものか体験してみたいですね。


動画はこちら

アイサイト機能を再現したミニカーの動画です。

また、同社サイトで、アニメ監督・メカデザイナーとして活躍する河森正治氏とのコラボレーションで、 アイサイトを具現化したロボットのイメージが公開されています。ちなみに、河森氏は、マクロスやアクエリオンシリーズなど数々の人気アニメを手がけた人です。興味ある方は、こちらもどうぞ
アニメーションはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。