イマジナリーフレンド

Gyaoで毎日かあさんをみていて、「イマジナリーフレンドのアソちゃん」の話が興味があって、「イマジナリーフレンド」とその時は覚えてるんだけど、ちょとすると、何フレンドだったっけ?とわからなくなるのでメモ。

イマジナリーフレンドは、欧米では、
子どもにはふつうにあることと考えられているそうです。
そういえば、小川洋子の「猫を抱いて象と泳ぐ」の主人公も、
イマジナリーフレンドが印象的に描写されていました。

男の子に多いのか、孤独な子に多いのかはわかりません。
赤毛のアンだって大勢のイマジナリーフレンドがいましたし・・・。
うちはムスメがイマジナリーフレンドを持っていて、
息子のほうが超現実的でした。
ちかおばちゃんの生活と意見 イマジナリーフレンド

赤毛のアンというキーワードがでてきて、ちょっと納得しかけなんですが・・・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。