お惣菜の照り焼きチキンを美味しく食べる方法

お惣菜で売っている「照り焼きチキン」ですが、そのままレンジで温めてもおいしくない場合の対処方法です。

ポイント

1.キッチンばさみで、スライスする
2.料理酒を大さじ3程度まぶす

あとは、ラップをせずに、大体2分(600W)温めるだけで、ふっくら柔らかくジューシな「照り焼きチキン」に変身します。

お惣菜として売るために、水け?分を極力とる感じの調理方法を使ってるために、そのまま温めたのでは今一つの感じになるのだと思います。まあ、いまいちなのは買い手も良くわかっているようで、閉店間際になると値引きシールをはって売られてたりもします。

あと、骨付きでも、酒をまぶして温めるだけでも、かなり味わいの向上がありますので、ぜひ試してみてくださいね。


※もちろん包丁でスライスしても良いですが、キッチンばさみのほうが簡単です。

家庭で、丸鶏のロースト(ローストチキン)を作ってみる
鶏本体が約2kgの場合⇒250度20分+200度70分の合計90分で焼き上がりの確認(180度なら約2時間) 鶏本体が約1kgの場合⇒250度15分+200度30分の合計45分で焼き上が

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。