Office2013に無償アップグレードしてみた 【プロダクトキー確認方法、DVDへの焼き方他】

無償アップグレード

私の場合は、プレインストールのOffice2010です。
デスクトップに、新しいOfficeを入手するというショートカットがあり、そこから手続しました。

http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013offer/redemption/default.aspx


・Microsoft アカウント (旧 Windows Live ID) 
・Office2010のプロダクトキー (ノートパソコン付属のDVDに書かれていました)

この2つが必要です。インストール自体は、インターネット経由で簡単にできました。

Office2013のプロダクトキーがわからない

Office2013のプロダクトキーを知る方法は下記の通りです。

(1) Office用のマイアカウント、http://office.com/myaccount  にアクセスする。
(2) 対応する Office 2013 のアカウントオプション で 「ディスクからのインストール」 を選択。
(3) 「ディスクを持っている場合」を選択すると、プロダクトキーが表示される。
Office2013 無償アップグレード時の Office2013 のプロダクトキーの確認方法 - マイクロソフト コミュニティ

「ディスクを持っている場合」「ディスクを購入」「ディスクに書き込む」をどれを選んでも、プロダクトキーが表示されます。
書き込むを選んでも、説明とプロダクトキーが表示されるだけで、いきなり書き込み処理とかは実行されません。

•2013 年 6 月 1 日以降はプロダクト キーの入手ができませんのでご注意ください。
次期 Office 無償アップグレードプログラム|今すぐ新しい Office をダウンロードしましょう

メールにくるとか途中の説明にあった気がしてたんで、Microsoft アカウントのメールアドレスにくるのかなと思ってたのですが違ったようです。
プロダクト キーがないと、再インストールとかできないと思うので早めにチェックして、メモしておきましょう。

DVDに焼いておきたい

http://office.com/myaccount

「ディスクに書き込む」をえらぶとイメージファイルをダウンロードできます。(前項の説明の画像参照)
私の場合は、HomeBusinessRetail.imgというファイルで2GBでした。

DVDのセットアップディスクを作成するために、このファイルをDVDに焼きます。
ファイルを右クリックで「ディスクイメージの書き込み」を選択で書き込めます。

Windows7/8で、iso/imgのディスクイメージを書き込む方法

上記を参考にしてください。
イメージファイルのダウンロードと、DVDへの書き込みは、Office2013をインストールしたパソコンでなくてもできます。

DVDから、セットアップする

追記:2013/12/18
Windows8.1にアップグレードするときに、いったんパソコンを工場出荷状態に戻したので、その時にDVDからセットアップしてみることにしました。

プレインストールのOffice2010をアンインストールした状態で、DVDからOffice2013をセットアップしたのですが問題なくインストールできました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。