携帯電話のバッテリーを復活させる方法

携帯電話のバッテリーを復活させるモノがあるとの情報を得ていた筆者は、さっそく購入。説明書通り、バッテリーの端子に薄く塗ってみました。

すると、どうでしょう! 夜には無くなるはずの電池がなくならず、なんと約6日間も充電せずにすんだのです! 新品と同じとまではいかないものの、それに近い状態に戻った感じです。

気になるモノは、「ナノカーボンPC」という接点改質剤。なんでも、ものすごく小さな導通ダイヤが金属表面の凸凹を埋めて、電気の流れを良くするという仕組みだそうです。

携帯電話のバッテリーを復活させる方法 [節約] All About -更新日:2007年08月29日

上記の記事に疑問を感じながらも、もしかしてという気持ちがあって試してみたら、うまくいったというお話です。

やったことは簡単です。

端子部分をアルコール分を含むウェットティッシュでよく拭いてみました。爪楊枝の頭の部分をウェットティッシュにくるんで、ゴシゴシしました。黒ずんでいた端子が少しだけマシになったような気がします(写真は、拭いた後)。

よくふいて水分がなくなた状態で、充電して使用すると、今まで待ち受けだけで1日程度しか持たなかったものが、3日たっても電池マークが3つのままという状態になりました。

理由はよくわからないけど、前の状態よりも明らかに良いということで記事にしておきます。

たぶん、端子の部分なんですが酸化して、被膜のようなものができてるんじゃないかな?と思います。それをアルコール分を含むウェットティッシュでふき取るだけでもマシになるんじゃないかという感じだと思います。

本当はもっと充電できるのに、充電できなくなっていたために、バッテリー性能が大幅に落ちていただけなのかもしれません。


接点改質剤がある人はそっちを使ったほうが良いと思うけどね。

それよりも充電池がうってるのなら、素直に買ったほうが良いとは思う。
ただ、私の持っているのは、もう古すぎて?充電池がうってないんですな。

※もちろん、改善されるとか、復活するとかいう保証は全然ないので、自己責任でお願いします。

追記:2013/05/05
4日目で電池マークが2/3になり5日目で電源切れました。

あと、ほかの携帯でも試してみましたが、そちらは目に見えての変化はありませんでした。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。