iPhoneの“バッテリー空腹”を改善するアプリ「バッテリーDr.スクラート」を使ってみた

[PR by ブログタイムズ]

ブログタイムズさん経由で、「バッテリーDr.スクラート」というiPhoneアプリがあるとの情報をもらったので、少し触ってみることにしました。

バッテリーというと、スマホになる以前からも、「うーん」となった経験があるので、モバイルバッテリーか、乾電池式のUSB電源を持ち歩くようにしています。iPhone用の常備薬みたいなものですね。

バッテリーDr.スクラート

ダウンロードURL(App Store):
https://itunes.apple.com/us/app/batteridr.sukurato/id590210396?l=ja&ls=1&mt=8

立ち上げると、iPhoneのバッテリーの状態を教えてくれます。
明るさを調整すると、思ったよりもバッテリーの使用時間が延びるようで、個人的にはびっくりしました。

私は、明るめに設定してるので、面倒でも必要ない時は暗めに設定して使おうかなと思いました。

明るさを調整するアプリを1つも入れてないので、このアプリを使おうかなと…。遊び心もある画面ですしね。


機能ごとに現在のバッテリー容量で使える目安時間が出てくるので、わかりやすい気がしました。

あと、GPSを利用して現在地から3Km以内にある電源スポットが教えてくれる機能があります。

私の場合、田舎過ぎてないのか?それともデータの準備中なのか?わかりませんが、スポットがないですと出てきました。

執事“すくらっとん”

本アプリは皆様の執事“すくらっとん”がiPhoneのバッテリーがすぐ切れてしまうことにストレスを抱えて胃痛になってしまわれた皆様に代わりiPhoneのバッテリーを長持ちさせるアプリです。
バッテリーDr.スクラート|スクラート胃腸薬|ライオン株式会社


このアプリで出てくる執事の名前は「すくらっとん」というみたいです。アプリの中で、誕生物語などが書かれていました。スクラート胃腸薬から出てきた妖精だそうです(^^)

iPhone状態か時間かで、「すくらっとん」の状態が変わるようで、正午頃みたら、画像のようにだれた感じになってました。どんなバリエーションがあるのか、個人的には興味があります。

カテゴリ:ユーティリティ, 仕事効率化
販売元:Shin Adachi

スクラート胃腸薬


 ライオン株式会社(社長・濱 逸夫)は、胃痛のもと(胃粘膜の荒れた患部)に選択的に付着して直接保護する有効成分「スクラルファート」配合で、胃痛・胃もたれに優れた効き目の胃腸薬『スクラート胃腸薬』と『スクラート胃腸薬S』を、空腹時・睡眠中に効くことをわかりやすく表現した新訴求・新デザインで、2012年9月12日(水)から全国の薬局・薬店で発売いたします。
『スクラート胃腸薬』、『スクラート胃腸薬S』発売|プレスリリース|会社案内|企業情報|ライオン株式会社


ネタ元?の薬は、「スクラート胃腸薬」です。
誕生物語に関連性が書かれているので、興味ある方はアプリの方も見てくださいね。

[PR by ブログタイムズ]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。